リハビリがんばってま~す!   

リハビリも順調に進んでいる入院2ヶ月目突入の良寛さん。
「娘さんの声を録音しておこうかしら・・・」と看護師さんたちから言われるほど、
私以外の人だったらベッドの柵をギュ~ッと握りしめ、看護師さん泣かせだったベッドから車イスの移乗やおむつ交換も、少しずつ楽になってきたようです。
家族が介助して歩行訓練するのをあたたかく見守ってくださったお陰で介助があれば、自分の足で洗面所やトイレまで歩いて行けるようになりました。

きょうは、ミニ鍵盤で「曲あてクイズ」を試してみました。
スゴ~イと作業療法士の先生から褒められて大満足の良寛さん。
もしかしたら・・・、良寛さんの手をミニ鍵盤の上に置いてみると、ゴソゴソと
指を動かし何かを弾こうとするそぶりが!
「戦友」「チューリップ」を、良寛さんの人差し指を使い弾いてあげると
歌まで飛び出してご満悦の良寛さんでした(嬉)
歩幅も広がって、昨日までのチョコチョコ歩きがなくなり、病棟内を
2周3周する良寛さんに、たくさんの患者さんがヨカッタねと声を
かけてくださったのも、元気の素でしょうね。

私とのリハビリ風景も病棟内では有名になっているけど、それ以上に
ベッド上でヘッドホーンをしている姿って格好イイですヨ!
少しでも、脳に刺激があるようにとモーツアルトのCDを聴かせた効果が
いろいろと出てきたかな・・・(笑)

<私なりのリハビリ方法>
力が入ってきたかなと握っている手で分かります。
握ったまま、「両手を横に広げて~右手を上げて~左手を上げて~
腕を回して~腰を右左右左と動かして~」と声をかけながら
リードしてあげて動かしたあとは、ホントに不思議ですが力がス~ッと
抜け、歩行が楽になりスタスタと歩き始めます。
ソ~ッと握っている手を離し、介助ナシで歩いたり、手を叩きながら
歩くことで、脳にも刺激が・・・
イスから立ち上がったり座ったりの動作は、太ももの筋肉に効果大。

リハビリする時は、絶対無理強いせず、焦らず気長に待ち、批判しないで
出来たことを褒めながら遊び感覚で向かい合ってあげないと効果半減。
お互いにイライラが大きくなってしまうので、要注意ですね~
「私はだ~れ?」と尋ねた今日の答えは「か・ん・ご・ふ・さ・ん!」
きのうは、「自分の名前を忘れたのか?」
あすは、どんな答えが飛び出すかな・・・・・?

[PR]

by poco-a-poco-music | 2004-11-29 23:19 | 良寛(りょうかん)さん?!

<< 目標を持つと・・・・ 人と人との結びつきが・・・ >>