リックを背負って・・・・・ そのⅡ   

ネットで検索していたら、ニースへ旅行された方のサイトが・・・
私達が行ったところの写真なども掲載されて、嬉しくなってしまいました!
朝市の黄色のミモザの花、展望台から見えるニースの街並み・海岸線・海の色・・・
ちょっぴりリッチな気分を楽しんでニースの旧市街地を散策を。

さあ、いよいよ娘が住むエクス・アン・プロヴァンスへ列車で移動です。
コートダジュールの豪華な家々を車窓から楽しみながらマルセイユ経由で>>>
駅に出迎えてくれた娘と久しぶりの対面をすることが出来、ホッ!
娘の寮に金・土2日宿泊し、残りは旧市街地のホテルへ。
ホテル宿泊1日目。
絨毯が敷き詰められた階段を上がって3階へ。
部屋はどこかなあと、期待でワクワクしたのも束の間、上に案内されました。
!階段の絨毯がない・・・
案内されたのは、小公女に出てくるような屋根裏部屋。
シャワーのお湯もチョロチョロとしか出てこないし、トイレも共同!
泊まるだけだから・・・と、屋根裏部屋に1泊したもののトホホ・・・
翌朝、息子がひとりでスペイン・ポルトガルへ出発したことを口実に、部屋のチェンジを。
娘に頼んで、部屋をチェンジしてもらって大正解!!!
日本円で1000円ぐらいの追加料金で、お姫様のような部屋が~~~~~~
映画に出てくるようなバスタブはあるし、ベッドもゆったりし部屋も豪華。
小公女の気持ちがよ~く分かったホテル騒動でした(笑)

ゆったりと、エクス・アン・プロヴァンスの旧市街地を歩いて回ったり
アルル・アヴィニョンマルセイユなどへ連れて行ってもらった風景も
掲載されていた上記のサイト。
フランス語はチンプンカンプンで、娘のあとを金魚のフンのようにくっつき、
テクテクと歩き回った旅行を思い出させてもらったサイトに感謝です!
<おまけ>
ベルサイユ宮殿で、息子の小学校の同級生とバッタリと!
彼女も、日本から旅行中で私たちから声をかけられ、ビックリ!
パリで合流した息子は、別行動で美術館巡り中のハプニングでした。
世界はせま~~~~~~~い!
悪いことは出来ないの巻でした。

[PR]

by poco-a-poco-music | 2005-02-16 14:09 | 雑記帳

<< そうだよね、私も体操を・・・・・ リックを背負って・・・・・ そのⅠ >>