数えることが・・・・   

数が復活してきました!
なんだか分からないけど、22・34などとイロイロな数字を言っています。
指やアゴでどこかを指しながら、数字を言っています。
フンフンと、分かったフリをして聞いているけど、何を言いたいのでしょう?

昨秋から、数を数えるのが消えていた良寛さん。
1・2・3・4・・・・・と、1桁の数字しか出てこなかったのに、91まで数えることが出来ました!
10・11・12・・・20・21・・・50・51・・・89・90・91
途中、ちょっとだけ分からなくなったところもあったけど一気に91まで>>>
脳細胞のどこかが、再生しているのかもしれません。
歌もメロディーが完全に復活してきてます。

自分の意思がハッキリしてきたため、介助に工夫が必要になってきました。
「お父さん、~をしたいから手伝ってくれる?」と、声をかけると
「そうか~」と、自力で立ち上がって台所まで歩く良寛さん。
でも、無理やり動かそうとすると、ア・ウ・トです!
立ち上がるまで、30分以上経過することも・・・・
テコでも動かぬとは、こんなことでしょうか?
パーキンソン特有の症状が、一気に爆発してしまう良寛さん。
数を数えたり、歌を歌うことでス~ッとリラックス出来るってフシギです。

イロイロなリズムを両手で叩きながら歩くことも出来るようになりました。
ジ~ッと立っているとき、ニコニコしながらリズム打ちをする良寛さん。
カラダの緊張が無意識の内に取れて、足腰が強くなってきたようにも・・・
暖かくなったら、散歩も復活出来るかな?
[PR]

by poco-a-poco-music | 2005-03-06 22:42 | 良寛(りょうかん)さん?!

<< 用心のために・・・ 見る方向で・・・ >>