デンマークの地で・・・   

ポンとテーブルの上に1冊の本が・・・
ヤコブセンの家ー桜日記
真っ白い表紙に、3本の煙突がある素敵なお宅の写真が。

そう言えば、先日デンマーク在住の岡村さんが本を出版すると息子が話したような。
ちょっと失礼しますと、グーグー寝ている息子に声をかけ、本を手に取ってみると大当たり。
一気に読んでしまいました。

昨年1月、娘が友人と2人でデンマークへ旅行したとき、岡村さんより息子へメールが。
楽しそうに岡村さん宅でくつろぐ娘たちの写真が添付されていました。
そのとき拝見したとってもオシャレなお宅が、本になったのです!

デンマークで活躍していらっしゃる岡村孝さんは、息子が尊敬する憧れの方。
2年前の春、会社から休暇を貰い北欧へ行ってくると旅立った息子。
10日間ぐらいだったでしょうか?
自由人の彼がどういう旅行をしたかは聞いたような聞いていないような。
でも、岡村さんご夫婦のお宅にお邪魔し、強烈な刺激を受けた話は事細かに・・・
そして、帰国した息子は自分のやりたい事をやりたいと会社に辞表を。
アレアレ?オイオイ!と、親としては見守るだけでしたが(失笑)

今回、本とゲストハウス便りを拝見し、息子の目指しているものの一面が・・・
そして、organのHPコラム「OCTOBER 2003【岡本邸滞在記】」を拝見し、納得!
知人の紹介でお世話になったお宅は、建物がなんと、あのアルネ・ヤコブセンの設計。現在、三代目になる住人は、デンマークに来て35年、現在、椅子や家具のデザイナーとして活躍されている岡村孝さんご一家。敷地1000平米、建物だけでも300平米という広さに包まれたその家は、コペンハーゲン空港からほど近い閑静な住宅地にありました。(後略)

心がとっても豊かになる本に出会えたことに、感謝です!
[PR]

by poco-a-poco-music | 2005-03-10 22:55 | 夢・願い・想い

<< 抗生物質が効きました・・・! 手足は冷たいのに・・・・ >>