花を思う風流な心:桧原桜    

b0003651_2112917.jpgお天気に誘われて、有名な桧原桜(ひばるさくら)を携帯で・・・・・
写真の左端付近に、石造りの歌碑が置かれ、この桜を有名にした二つの歌が記されています。

 花あわれ せめては あと二旬
 ついの開花をゆるし給え         ~詠み人しらず

 (返歌)
 桜花惜しむ 大和心のうるわしや
 とわに匂わん 花の心は          香瑞麻(かずま)

次から次へと花守りが現れ、みんなでリレーして守られた桜。
今年もたくさんの返歌が桜の樹に下げられていました。
[PR]

by poco-a-poco-music | 2005-04-09 21:12 | 夢・願い・想い

<< 酸欠状態になると・・・ 自分の声で、脳を活性化? >>