薬の効果が・・・・・   

暑さにめげず、良寛さんはとっても元気で~す!
約10日前から、服用し始めたパーキンソン病の薬の効果?
すくみ足が多くなり、デイでボ~ッとしていた良寛さんから脱出中です。

パーキンソン病の診察をしてもらったのは、5月頃だったでしょうか?
血管性の脳疾患とパーキンソン病などが複合的に起きているとの事。
パーキンソン病の薬を服用で、動きが活性化し介護が大変になる恐れが大のため、
薬は処方しないで、しばらく様子をみようとの診断が・・・

でも、すくみ足が多くなり、また、ウトウトと寝ていることが増えて来たため、
デイのB先生より、薬服用の提案があり、しばらく服用することに決定。

正直ヒヤヒヤドキドキの薬服用だったが、少しずつ効果が出て、ホッ・・
でも、いろいろ復活してきて一番嬉しいのは、良寛さん自身かもしれませんね!

<ささやかな喜びの1例>
会話の輪の中に突然入ってくることが、チョコチョコ有る。
数の概念が、全く消えていたのに、1+1=2など簡単な計算が復活。
雲隠れしていた歌のメロディーが、少しずつ復活。
突然スクッと立ち上がって、トイレへの意思表示をすることが多くなった。
デイで集団の輪に入り、歌を歌うことが久しぶりに出来た。
アイスキャンディーを手に持って、自分で全部食べることが出来た。
自分の住所をデイのスタッフへ教えることが出来た。
歩幅が広がってきた。

[PR]

by poco-a-poco-music | 2005-08-05 23:34 | 良寛(りょうかん)さん?!

<< する人もされる人も楽になる介護・・ 復帰しました~ >>