早速、試してみました・・・   

言われてみれば、納得のリハビリでした・・・

ヘルパーの会議で
① 寝返りが出来ると 25%の人は起き上がりの可能性が。
② 座位が1分間保持できると、日常動作が可能になる。
③ 移乗動作が出来ると車椅子で屋内移動が可能に。
④ 立ち上がり、立位保持が出来ると、トイレ動作が可能に。
⑤ 立位保持が出来ると、25%の人が10メートル歩行が可能に。
⑥ 車椅子移動が出来ると、21%の人が10メートル歩行が可能に。
⑦ 屋外10メートル歩行が出来ると、29%の人が要介護非該当(自立)に。

<方法一例>
・ 寝返りが出来るようになるためには、上肢と下肢を別々に分けて練習。
   (固まってしまってからは、動かない)
・ 肘を上下や前後に動かす練習。
   (食事を取る時は、お皿から口まで肘を使っている。)
・ 筋力アップすれば、いろいろな動作も可能に・・

ほんの少しの動きでも、継続する間に可動範囲が広がり
そして、筋力がついていくとのこと。
試してみる価値ありかな・・・・

注意点は、
・ 決してムリをしないこと。
・ 様子をみながら、楽しくすること。
・ 意欲を引き出すような声かけを。
・ 出来なくても落ち込まないこと。
・ ちょっとでも出来たら、一緒に喜ぶ!
・ 継続は力なりです。絶対、焦らないこと。
・ 出来ても出来なくても、誉める事で自信が。

何が出来るか確認しながら、じょうずに本人のやる気を引き出し
少しでも、残存能力が復活していくことで、介護する方もされる方も
イキイキとした毎日が過ごせると感じました。

早速、良寛さんで実験を・・・
寝返りは、介助があっても無理ですが、
座位保持と、立位保持は出来るようになってました。
腹筋の力など筋力がついてきたお陰ですね。
[PR]

by poco-a-poco-music | 2005-09-30 23:03 | 良寛(りょうかん)さん?!

<< スゴイ情報量が・・・ 「チリも積もれば、山となる」その後 >>