いろんな方法で・・・   

ひらがなよりも漢字が理解しやすい。」との文字に目が留まりました。
???どういうことだろうぉ。と、早速この本に引き込まれます。
失語症の人にとって、文字も絵のように理解されるのかなぁ?
最近、感じていたことをelunarさんも・・・

良寛さんの場合も、同じようなことが・・・
入院中だったAさんの場合も同じことが・・・
ひらがなで、奥様の名前を書いても無反応だったAさん。
でも、漢字で書かれた奥様の名前を読めたのです!

ダメで元々。
いろんな方法で、少しずつ手を変え品を変えてチャレンジを。
介護も百人百色。

そう言えば、いろんなことを良寛さんに試してきました。
試行錯誤をしながら、今も・・・・・
初期の頃、教えようとする気持ちが私達の中にあった時は、効果がイマイチ。
いっしょに楽しむ気持ちで、気持ちをキャッチボールが出来たとき、効果が!

あっ、そう言えば、音楽療法でも同じことが・・・・
例えば、「あ」のカードを見せても無反応だったHさん。
「雨 雨 降れ 降れ」の文字は、読めていました~
Sさんの場合は、もっとスゴカッタです。
若い頃から、ロシア民謡がお好きだったSさん。
ロシア語が飛び出したことをキッカケに、回復の方向へ・・・

いろいろな方のブログにお邪魔して、勉強することばかりでした~
ありがとう、 elunarさん。そして、みなさん!
[PR]

by poco-a-poco-music | 2006-05-13 13:41 | 良寛(りょうかん)さん?!

<< 名前を漢字で・・・・ 一瞬、ヒヤリ・・・・ >>