成せば成る・・・・   

昨年7月29日からの看護ノート。
1冊、2冊、3冊、4冊。
4冊目がもう少しで終わるところで、父は旅立ちを>>>

奇跡、奇跡の連続。
もうダメだと、何回覚悟を決めたことでしょう・・・
まさか、誕生日を迎えられるとは。
まさか、お正月を年男として迎えることが出来るなんて。
まさか、お花見をすることが実現するなんて。
まさか、まさか・・・・・・

看護ノートを読み返すと、いろいろなことが走馬灯のように>>>
支えてくださったたくさんの方々のお陰です。
ホントに有難うございました!


5月31日夜8時20分、我が家へ病院より電話が・・・
「血圧が低下してます。」
数日前から、少しずつ別れの時を迎える準備を始めていた父。
緊張の時が、いよいよ訪れてしまいました。

それから、6月3日旅立つまでシッカリ頑張った父。
6月1日14時20分、安定していた心拍数が突然低下を>>>
ダイジョウブだねと、喜んだ直後でした!
落ち着いているからと、食事へ行った母と主人に「止まった~」と電話!
ちょっと仕事の段取りへ職場へ出勤したtokoさん(長男嫁)へ電話!
東京から駆けつけている弟(次男)へ、連絡!
孫達へ、電話!

母と主人が来るまで、tokoさんが来るまで。
必死で父に呼びかけました!
「おとうさ~ん、娘の言う事を聞いて~
大好きなオカアチャンが来るまで、待ってよ~~~」
「おやじ~~、tokoがすぐ来るよ!まだ、行くな~~~~~~」
必死で、弟(長男)と父に声を掛けたら、奇跡が起きたのです!

ス~ッと1本に伸びた線が、波を打ち始めたのです!

耳元で、「成せば成る、成さねば成らぬ何事も・・・」と必死で声かけし、
大好きだった歌を次から次に歌い続けるpoco。
必死で声を掛け続ける弟。

母と主人、間に合いました~

「おとうさ~ん、まだ三途の川は渡らないで~」
母の必死の呼びかけが、届きました!

tokoさんも、間に合いました~
pocoの子ども二人も、間に合いました~

絶対ムリだろうと思っていた弟も間に合いました!
22時前に到着した大学生の2人の孫も間に合ったのです!

そして、奇跡が起きたのです!
なんと、自力で呼吸を始めたのです!
血圧も心拍数も安定し、きれいな波を描き始めたのです!

いっぱい歌を歌ってあげることができました^^
いっぱい話をすることもできました^^
いっぱい感謝の言葉を伝えることもできました^^

摩訶不思議な力が、最期の時間をプレゼントしてくださいました^^
3日旅立つまでのドラマ。
たくさんのメッセージを父が残してくれました。

父が旅立った直後、父の実家では偶然に父の故父親と故長兄の法要が・・・・
末っ子の父も安心して旅立つことが・・・


ありがとう~~
おとうさん、行ってらっしゃい!
感動をありがとう!


<お礼>
心温まる治療と看護をしてくださったF先生とスタッフの方々。
最高の看取りをするために、最善を尽くしてくださいました。
お陰様で、介護の日々も幸せな気持ちで父と触れ合うことが出来ました。
ありがとうございました!                        
[PR]

by poco-a-poco-music | 2007-06-11 23:29 | 良寛(りょうかん)さん?!

<< 父へ・・・ ありがとうございました~~! >>