カテゴリ:良寛(りょうかん)さん?!( 226 )   

お気持ちだけ頂戴しま~す!   

「感心、感心!」と、良寛さんから褒められてしまいました。
「いろいろと気持ちよく動いてくれるから嬉しいよ」とも・・・

入院2日間の高熱も下がり、今日の良寛さんは饒舌です。
前回の入院とは異なり、リハビリも昨日からベッドの上でスタートしました。
食事もパクパクと、口に運んで退院への道を突進中です。
熱がある時は、ドロ~ッとした眼で赤い顔をしてうわ言を言っていた良寛さん。
今日は、シッカリと自分の言葉を話してくれました(嬉)

「私は、だ~れ?」と、尋ねるといろんな返事が>>
「自分の名前はちゃんと知っているだろう?」
「さあ~、誰だったかね・・?自分で言ってみてごらん」
「へエ~、私の娘か・・・?」
「いつから、娘って知っていたのか?」
自分が分からないと言うことは、決して言わない良寛さん。
昨年春までは、条件反射のように名前を言ってくれたのに・・・・
小さい頃のイメージがあるので、大人になった子どもの名前は消滅するのでしょうネ。

それにしても、良寛さんの言葉はユニークです。
モーツアルトのCDを聴いていた良寛さん。
「50万あげる・・」と突然、言い出しました!
「エ~?何?」
「あんたが、いろいろとしてくれるので、50万円あげる!」
!!
お金のことを言い出したのは、何年ぶりでしょう・・・
「良寛さんって、お金持ちだね~~」と切り返すと
「イヤ、お金持ちではなくて、小金持ちだよ・・・」
1本取られてしまいました(笑)

良寛さん、50万円は気持ちだけ頂戴しました。
ありがとう!

[PR]

by poco-a-poco-music | 2005-03-09 21:06 | 良寛(りょうかん)さん?!

用心のために・・・   

デイケアより、熱が39.1度あると午後2時ごろ連絡が・・・・
昨日は、あんなに元気だったのにウッソ~~?!
デイケアへ今朝いつものように出かけたのに。

朝のバイタルチェックでは、37.7度あったけどお昼は完食した良寛さん。
2時ごろ、顔が赤かったため念のため検温してみると、39.1度に>>>
すぐ自宅へ電話があり、母と私は慌ててデイケアへ。
不幸中の幸いでした。
6階のデイケアから1階のN病院外来へ車イスで移動し、受診が出来ました。
検査の結果が出るまで、ベッドの上で眠り続ける良寛さん。
高熱のため、レントゲンなど検査で移動する度、お経みたいなうわごとも・・・
肺炎?インフルエンザ?
診察の結果は、高熱はあるが肺炎・風邪の疑いの段階とのこと。
用心のために入院させたいけど、問い合わせてみた病院はどこも満床で空きがゼロ!
どうしよう・・・と、落ち込んでいたとき、N病院の4階の個室が空いているとのこと。
ヨカッタア~~~~~~~~~!
1階外来から4階の病棟へストレッチャーで移動し、良寛さんは入院を・・・(ホッ!)

抗生物質や点滴の治療で、今回は4~7日程度で退院できるでしょうとのこと。
入院は残念だったけど、入院出来てホントにラッキ~でした!
[PR]

by poco-a-poco-music | 2005-03-07 21:56 | 良寛(りょうかん)さん?!

数えることが・・・・   

数が復活してきました!
なんだか分からないけど、22・34などとイロイロな数字を言っています。
指やアゴでどこかを指しながら、数字を言っています。
フンフンと、分かったフリをして聞いているけど、何を言いたいのでしょう?

昨秋から、数を数えるのが消えていた良寛さん。
1・2・3・4・・・・・と、1桁の数字しか出てこなかったのに、91まで数えることが出来ました!
10・11・12・・・20・21・・・50・51・・・89・90・91
途中、ちょっとだけ分からなくなったところもあったけど一気に91まで>>>
脳細胞のどこかが、再生しているのかもしれません。
歌もメロディーが完全に復活してきてます。

自分の意思がハッキリしてきたため、介助に工夫が必要になってきました。
「お父さん、~をしたいから手伝ってくれる?」と、声をかけると
「そうか~」と、自力で立ち上がって台所まで歩く良寛さん。
でも、無理やり動かそうとすると、ア・ウ・トです!
立ち上がるまで、30分以上経過することも・・・・
テコでも動かぬとは、こんなことでしょうか?
パーキンソン特有の症状が、一気に爆発してしまう良寛さん。
数を数えたり、歌を歌うことでス~ッとリラックス出来るってフシギです。

イロイロなリズムを両手で叩きながら歩くことも出来るようになりました。
ジ~ッと立っているとき、ニコニコしながらリズム打ちをする良寛さん。
カラダの緊張が無意識の内に取れて、足腰が強くなってきたようにも・・・
暖かくなったら、散歩も復活出来るかな?
[PR]

by poco-a-poco-music | 2005-03-06 22:42 | 良寛(りょうかん)さん?!

運動の効果が・・・   

「うちのオカアチャンは、おとなしくて優しいヨ」と、突然良寛さんが。
オカアチャンと、噴き出してしまいました!
「え~?おとなしくて優しい?」とからかうと
顔をポ~ッと紅くして、「そうだよ~~~~~~~」
ハイハイ、ご馳走様(笑)
いつまでも、夫婦仲良くネ!

心配した発熱も、大したことがなく良寛さんは元気復活の毎日です。
リハビリを兼ねたいろいろな動きの積み重ねのお陰かな・・・

福岡に転居して3年目を迎えた義母も、元気イッパイの毎日を過ごしてます。
お友達もたくさん出来、積極的にいろいろなサークルへ参加している義母。
リハビリ体操を昨年夏から、毎日実施してもらった効果が・・・・
自分でも心掛けてカラダを動かしているヨと、実演してくれました(嬉)
洗面台につかまって、腰フリフリ体操・胸そらし体操・足踏み体操を。
廊下でも、杖ナシ歩行にチャレンジしてみました。
両手を振って、腰を伸ばして一歩一歩>>>>
太ももに両手を置いてバランスを取っていた姿勢からの脱却です。

「これで良い?」と、嬉しそうに歩く義母。
出来ないと諦めていたことが出来、スタッフから拍手が・・・
引きずるように歩いていた足も、太ももを上げて歩くことも出来ました!
シッカリと歩けるようになったら、九州新幹線でお墓参りへ行きましょうネ。
[PR]

by poco-a-poco-music | 2005-03-02 22:11 | 良寛(りょうかん)さん?!

縁の下の力持ち的存在で・・・・   

突然、良寛さんが46年と・・・
!?
何を言っている?と、良寛さんの話をジックリと聞くと謎が解けました!
土地を購入し、家を建てたことを突然思い出したようです。
コリャア、なんだ~~~の巻でした。
だったら、子ども達の名前を思い出してヨ・・・・・・と、笑いの渦が>>>>

最近の良寛さんを見ていると、いろいろなことを感じます。
先日、主人の義妹も言っていましたが、介護を通じて学ぶことの意義は大きいなと・・

常々感じていることをfeeling_placeさんのブログで見つけました!
わたしの心がけていることは まず介護する人にとって介護し易い環境を整えることです そのことが結局は介護される人の幸せに通じるのだと思います」
(中略)
介護される方を支え理解し労っていくことが
いい介護をしてもらうことに繋がり 介護される側の本当の幸せになる
これは介護してきた人が身に沁みて感じることだと思う 
在宅で看護師は 前に出ることなく介護者を立てていくこと 
お家の方の介護力を引き出していくこと 縁の下の力持ち的存在でいること
あなたの介護のおかげでこんなによくなられましたよ・・・と
言える人でありたい
これは 人間関係にも通じるね
こういうことを仕事をしながら 学ばせてもらっていることが有難い
(中略)
自分が幸せだと思えないときは 
人の幸せを願う本当の意味でのいい仕事はできないですよ と

介護をしてあげているのではなく、させていただいているとの気持ちを
忘れずに、出来ることを無理しないでですね。。。。。
[PR]

by poco-a-poco-music | 2005-02-20 22:55 | 良寛(りょうかん)さん?!

そうだよね、私も体操を・・・・・   

「良寛さ~ん、私はもう帰るけど、イイ?」
「エ~?帰るのかあ?体操して帰ったら・・・・」

体操という言葉が良寛さんの口から飛び出しました!
腰フリフリ体操やうつ伏せ寝など、いろいろ試してきた効果が・・・!?
「良寛さん、ご希望に沿って体操しようか?」
「イヤ、私ではなくてお前が!
体操すれば、気持ちがイイから体操をしなさい・・・・・」

まさか、こんな言葉が聴けるなんて!
ビックリでした~~~
1本取られてしまいました!
[PR]

by poco-a-poco-music | 2005-02-18 22:35 | 良寛(りょうかん)さん?!

自分の意思で・・・・・   

奇跡が起きました!

うつぶせになった姿勢から、ゴソゴソとカラダを動かし
ハイハイの姿勢を取った良寛さん、私の手につかまり
ジワ~ッと中腰となり、そして立ち上がったのです!

うつぶせ寝が出来たのが、1週間前。
壮快1月号には、事例として短期間で症状が好転したと書いてあったけど
期待していなかっただけに、驚きの出来事でした。
食事も自分で箸を持ち、パクパクと食べることも出来るようになり
寝かしたり起こしたりの介助も、以前と比べたら雲泥の差の良寛さん。

うつぶせの姿勢から、一人で立ち上がるまでの動作が出来ると
だ~れも予想もしていなかったので、ビックリ仰天でした!

たった1回だけのハプニングだったかもしれないけど、
何かが良寛さんの中で復活しているのでしょうか・・・
本人の意思を尊重しながら、向き合ってきたリハビリ。
poco a pocoの積み重ねが、少しずつ形となってきたかな?

そう言えば、ハイハイ運動を幼稚園や保育園で実施したところ
顕著な効果が出ているとか。
子供の神経回路が著しく発達するこの時期に
転がるとかよつばいやジャンプとかいった非日常的な動きが、
子供の脳神経回路をつなぎ、動きの基本となるバランス能力や
リズム感、タイミングなど神経系を発達させます。

さらに現代の子供たちは足の指が、うまく使えません。
足裏への刺激をしっかりさせて、立つための基本である
足裏をしっかりさせていきます。
  「足指が使える」
      ↓
 「足裏がしっかりする」
      ↓
 「動きが良くなる」
      ↓
  「疲れなくなる」
      ↓
 「よく動くことができる」
      ↓
 「運動が好きになる」

こどもも高齢者も同じみたいですね。
[PR]

by poco-a-poco-music | 2005-02-07 23:52 | 良寛(りょうかん)さん?!

介助付きですが・・・・   

うつぶせが出来ました!
瓢箪から駒でした!

きょうは、昨日と比べ、ちょっとボ~ッとしていた良寛さん。
ホットカーペットの上に座らせようとしても、怖がってカラダが硬直し
胡坐が出来なくて、ゴロンとカーペットの上で、仰向け状態に・・・
介助していた私にしがみつく良寛さん。
どうしましょう?

床の上に仰向けとなったのは、いい機会かも・・・
ダメで元々。うつぶせにチャレンジしてみようかな・・・

大正解でした!
お尻の下に私の足を滑り込ませ、テコの原理でヨイショと
カラダを動かすと、横向きの姿勢に>>>>
そして、うつぶせの姿勢まで移動もできました!

うつぶせの姿勢がとれた良寛さん、キツイと怒るかなと思ったら
ニコニコ顔でオシャベリをし、そして歌を歌ってご機嫌です。
10分ほど、うつぶせの姿勢をとったあと、ハイハイの姿勢から
中腰となり、立ち上がった良寛さんの中で、何かが復活してました!

意欲が出てきて、食事も自分で食べることができました。
昼寝をさせようとベッドに寝かしていたら、「ボチボチ起きようか~」と。

期待をせず、自然体で無理なく、本人の力を利用しながら
良寛さんと遊んだ1日。記念する日になりました!
[PR]

by poco-a-poco-music | 2005-01-30 23:08 | 良寛(りょうかん)さん?!

父上なんて言ったことはないのに・・・   

「お父さん、お父さんは私の父親だよ~」と、声をかけると
「父上ではなかったのか~」と、返事が返ってきました!

デジカメでムービー撮影しているとき
突然、「父上」という言葉が飛び出した良寛さん。
ビックリ仰天でした!

「そうでした!失礼しました!父上でした~」「父上、父上!」

壮快1月号で取り上げられたうつぶせ寝は、ムリだけど
ハイハイの姿勢をとったことで、何かが復活したのでしょうネ。
イキイキ人生<虎の巻>で書かれていること、納得です!

明日は、どんなことばが飛び出すのでしょう?楽しみです・・・・・・
[PR]

by poco-a-poco-music | 2005-01-29 23:32 | 良寛(りょうかん)さん?!

血流が良くなれば・・・・   

床に座らせたら、自力では立てないと思ってました。
でも、時間はかかっても上手にリードすれば立てることが・・・

「おかあさん、おかあさん、見て~」と、良寛さんに悟られないように母を。
中腰となっていた良寛さんが、右ひざを立ててヨイショと立ち上がったのです!
作戦成功でした~~~~~~
座位から立位へ移動するとき、カラダは前の方向に動きます。
これを利用すれば、自力で立ち上がることも可能では・・・?
床に座った良寛さんの両手を、前方の床面に置くと
カラダの重心が、前にちょっとだけ移動しました。
もしかしたら、良寛さんの力を利用できるのでは・・・

良寛さんのうしろに回り、お尻をヒョイと前方向に押してみました。
すごい、すごい!
ハイハイの姿勢を、自分の力でパッとすることが出来ました。
次は、中腰の姿勢にチャレンジです。
手を握り、「立って散歩に行こう」と声をかけながら
ちょっとうしろ方向へリードすると、ヒョイと中腰の姿勢に!
椅子の足を握って、ちょっと小休止の良寛さん。
いろいろな歌が復活しました。
表情がイキイキしてきました。
「さあ、行こう!」と、声をかけると
「そうか~」と、軽々とヒョイと立ち上がった良寛さんでした!

立位から座位の移動も、ゆっくり良寛さんの力を利用しながら
チャレンジしてみました。
昨日より、スムーズな動きで胡坐をすることが。

足腰を動かすことで、血流が良くなったのでしょう。
夕食は、箸をもちパクパクと自分で食べることができたとのこと。

立ち上がり作戦、1歩前進でした。
[PR]

by poco-a-poco-music | 2005-01-26 22:56 | 良寛(りょうかん)さん?!