<   2004年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧   

バトルⅡ 熱中症   

b0003651_19425712.jpg
熱中症対策で~す。これで天神西新をウロチョロ!

   今年の日本の夏は特別暑いから帽子をかぶりなさい!
   帽子はキライ?

   自転車でアチコチ移動しているんだから、お願いだから
   帽子をかぶって・・・・
   若いから、問題ない、カリブの子だから問題ないって?

   いくら若くてもニュースで熱中症と出てるんだから、帽子を!
 と、これまた来日以来、私とシャルルの熱中症バトル。

最後まで無視するかなあと思っていたら、とうとう熱中症に・・・・
幸い、ひどくならずに済んだのはラッキ~~だったけど
シャワーしても汗が40分止まらなかったとシャルルは猛省!
帽子はキライだからと、タオルを頭に巻き問題解決と大満足・・


          写真を良く見ると、鴨居より高いシャルル。
          目線がちょうど鴨居の高さで、頭をゴンと勢いよく打ち、コブも。
          鴨居の上で字を書き、手を伸ばせば天井に届く!
          とにかく、デカイです。
[PR]

by poco-a-poco-music | 2004-07-31 19:44 | シャルルはフランス人

バトルⅠ 洗濯の巻   

オ~~イ、オイ!汗かいた服や、体を拭いたタオルは洗濯するよ~
体を拭いただけだから、問題ないって?
違う違う!日本は湿気が多いので、臭くなるから、問題有りだよ!
シャルルが4年前来た時を覚えている?
濡れたバスタオルを畳の上に広げてたでしょう?

ギョッとし、慌ててタオルを取り上げると
バッチリと濡れたタオルの跡が畳にクッキリ・・・・
思い出した?
日本はジメッとしているし、
今年はメチャクチャ暑いから汗かいたら洗うよ!

洋服が傷むって?
そんなことは問題ナイ!汗をかいた服を着ていると体も痒くなるので
お母さんの言うとおりしなさ~い!

と言うわけで、今回来日してからの1週間は洗濯バトルでした。

自転車で西新・天神などなど走り回っていたシャルル。
「汗ビッショリとなった服をそのまま乾かして着る。」
フランスでは当たり前だったんですが・・・・・ネ。
当たり前と思ってることは、国が違えば当たり前ではないの巻でした。
[PR]

by poco-a-poco-music | 2004-07-31 19:39 | シャルルはフランス人

poco a poco   

poco a poco
ポコポコではないですよ~
イタリア語で少しずつと言う意味ですが、
わたしはこの言葉が、だ~い好きです。

ピアノのレッスンもそうですが、
poco a poco確実に楽しんで上達するって
簡単そうで簡単ではないんですね。

ピアノを始めて1年余りのあんちゃんは年長さん。
poco a poco 自分の音楽を作り出してます。
今、キラキラ輝いてうれしそうにピアノにむかってます。

最初は戸惑っていたけど、好きな曲を楽譜ナシでドンドン弾けるように
なって、伴奏も付け幼稚園の先生みたいです!

弾きたい曲も生まれてきました。
今、弾きたい曲は「エリーゼのために」。
ちょっとだけ、弾けるようになったんですよ!(スゴ~イでしょう)

もっともっと、あんちゃんの弾きたいと言う気持ちが
poco a poco確実に大きく育つよう、お手伝い中の私。
毎週、元気&幸せをもらってます!!!
[PR]

by poco-a-poco-music | 2004-07-29 00:12 | ピアノレッスン風景から

ホームヘルパー2級を・・・   

ホームヘルパー2級の資格を取ろうか取るまいか迷った末
清水の舞台から飛び降りた気持ちで、取ることに・・・・

実家の母から、ヘルパー制度が始まったとき
資格を取ればとアドバイスしたのにと言われたけど
まったく記憶ナシ・・・・

でも、思い立ったが吉日。
数社から資料を取り寄せ、あれやこれや迷った末
昼間受講出来、そして家から近い学校に決定!

8月1ヶ月間、ひさしぶりに頭の体操です。
ガンバリま~~す!

レッスンにも音楽療法にも幅が出て
わたしの夢がpoco a poco 本物になっていけば・・・ネ!
[PR]

by poco-a-poco-music | 2004-07-28 22:44

シャルル、来日中!   

4年ぶりにフランスから、シャルルが里帰りして来ました!
お母さんと私を親しんでくれるシャルルの日本語は、上達してました。
子供の頃、お母さんを病気で亡くし、お母さんが欲しいと思い続けたシャルル。
神様からのプレゼントと、私のことをお母さんお母さんと呼ぶシャルルと私の
バトルの再開です!

7月6日から7月31日まで、好きな事をお互いに言い
ディスカッションしてます。

8月前半は熊本県で、後半は三重県でボランティアをして
9月13日関空よりフランスに帰国するシャルル。

西南大学の仲間にも、久しぶりに会え、良かったね!
たくさん楽しい想い出を作って、日仏友好を・・・・
[PR]

by poco-a-poco-music | 2004-07-27 23:30 | シャルルはフランス人

涙涙・・・   

ボランティアで音楽療法をしてきました。
とてもお元気の方から、体が不自由の方まで入居されている有料老人ホーム。
久しぶりの音楽療法。
約1時間の流れは作ったものの、さて、こればかりはクライアント次第。
何が飛び出すやらは、お楽しみ・・・・

暑いですね~~夏の歌は?と問いかけると
「夏も近づく!」
二人ずつペアになり、5歳の頃に戻って「茶摘」の歌を・・・
アレ?
スゴイゾ!
手の動きがスゴ~イ!
生き生きと難しいパターンの茶摘を発見しました!

それから、「夏の思い出」「海」「我は海の子」・・・など次から次に。
歌詞カードナシでも、バッチリ歌が出てくるって感動です。

昭和24年代の流行歌も飛び出して、若かりし頃の話も・・・

アレアレ、頭が痛いので座っているだけとおしゃったけど
一番懐かしそうに歌っていらっしゃるのは、Aさん!
嬉しいです、顔がキラキラ輝いてます。

あれ?Bさん、どうしたの?
「アリラン」の歌を聴いたとたん、顔がグチャグチャに・・・
涙が止まりません。
いろんな事が歌を通して思い出され嬉し涙が・・・

1時間足らずの音楽とのふれあいで
体も心もポッカポッカと温まり、みんな顔がとても若返り
いい表情をしてくださったことで私も元気をもらいました!
[PR]

by poco-a-poco-music | 2004-07-27 23:16 | 音楽の不思議な力&音楽セラピー

音楽の力に感謝感謝!   

父が痴呆症になって約7年経過。
「海馬」と言う一番大事なところに、ダメージが生じたため
記憶が出てこない、日常生活に支障も生じるなど
本人はもちろんですが、家族の負担はタイヘン。

でも、明るく対応できたのは音楽のお陰なんです!
ホントに不思議だけど、歌だけはエンドレスで飛び出してくるのです。
母が、「歌はいいから、日常生活が出来る力を覚えていてくれたら・・・」と
半分本気で笑いながらポツリともらしたのが、懐かしいです。

「あ」が付く歌と、問いかけると「仰げば尊し」「青葉茂れる」「あなたと呼べば」
「雨降りお月さん」・・・ドンドン飛び出してきます。
30分でも40分でも、ジャンジャン歌う父。
生き生きしてます。
歌い終わったあと、動きがスムーズになり、昔の父に・・・

父が痴呆症になったお陰でたくさんのことを学びました!
音楽の力が、たくさんの生きる力を与えることを・・・
音楽に感謝感謝です。
[PR]

by poco-a-poco-music | 2004-07-27 22:23 | 良寛(りょうかん)さん?!

シャルル   

b0003651_21293552.jpgシャルルでございます!

スゴ~イのです。シャルルはピアノが弾けるのです!
4年前、西南大学の交換留学生として日本に・・・・
わずか1年足らずの留学生活。
勉強で忙しい中、毎週ピアノのレッスンに通って
フランス帰国時には、「エリーゼのために」を
マスターしてしまったんです。

身長193センチ。
手も大きい。指が鍵盤の間に入らないよ~と
悪戦苦闘してピアノに立ち向かってました!

フランス語は全くダメな私と、日本語はまだまだのシャルル。
どうやってレッスンしたのでしょう・・・???
まったくピアノに触れた事がなかったシャルルが
日本でピアノを弾きたいとの夢を実現したってスゴ~イでしょう?
[PR]

by poco-a-poco-music | 2004-07-27 21:30 | シャルルはフランス人