<   2005年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧   

介助付きですが・・・・   

うつぶせが出来ました!
瓢箪から駒でした!

きょうは、昨日と比べ、ちょっとボ~ッとしていた良寛さん。
ホットカーペットの上に座らせようとしても、怖がってカラダが硬直し
胡坐が出来なくて、ゴロンとカーペットの上で、仰向け状態に・・・
介助していた私にしがみつく良寛さん。
どうしましょう?

床の上に仰向けとなったのは、いい機会かも・・・
ダメで元々。うつぶせにチャレンジしてみようかな・・・

大正解でした!
お尻の下に私の足を滑り込ませ、テコの原理でヨイショと
カラダを動かすと、横向きの姿勢に>>>>
そして、うつぶせの姿勢まで移動もできました!

うつぶせの姿勢がとれた良寛さん、キツイと怒るかなと思ったら
ニコニコ顔でオシャベリをし、そして歌を歌ってご機嫌です。
10分ほど、うつぶせの姿勢をとったあと、ハイハイの姿勢から
中腰となり、立ち上がった良寛さんの中で、何かが復活してました!

意欲が出てきて、食事も自分で食べることができました。
昼寝をさせようとベッドに寝かしていたら、「ボチボチ起きようか~」と。

期待をせず、自然体で無理なく、本人の力を利用しながら
良寛さんと遊んだ1日。記念する日になりました!
[PR]

by poco-a-poco-music | 2005-01-30 23:08 | 良寛(りょうかん)さん?!

父上なんて言ったことはないのに・・・   

「お父さん、お父さんは私の父親だよ~」と、声をかけると
「父上ではなかったのか~」と、返事が返ってきました!

デジカメでムービー撮影しているとき
突然、「父上」という言葉が飛び出した良寛さん。
ビックリ仰天でした!

「そうでした!失礼しました!父上でした~」「父上、父上!」

壮快1月号で取り上げられたうつぶせ寝は、ムリだけど
ハイハイの姿勢をとったことで、何かが復活したのでしょうネ。
イキイキ人生<虎の巻>で書かれていること、納得です!

明日は、どんなことばが飛び出すのでしょう?楽しみです・・・・・・
[PR]

by poco-a-poco-music | 2005-01-29 23:32 | 良寛(りょうかん)さん?!

こころの支えがあるから・・・・   

「人の悲しみを知って、おなじ気持ちをわかる
他人を愛せる人になりたいと思います」

と、A子ちゃんが私へ手紙を。

A子ちゃんは悩みを手紙にすることで、自分をみつめることができました。
現実は現実として受け止め、乗り越えていく力が沸いてきました。
なにかがA子ちゃんの中に芽生えてきました。

1冊の本から、人の輪が広がったことへの驚き、そして感動。
目に見えないご縁で支えられていることへの感謝。
A子ちゃんの手紙、アリガトウが溢れてました。
[PR]

by poco-a-poco-music | 2005-01-27 22:22 | 夢・願い・想い

血流が良くなれば・・・・   

床に座らせたら、自力では立てないと思ってました。
でも、時間はかかっても上手にリードすれば立てることが・・・

「おかあさん、おかあさん、見て~」と、良寛さんに悟られないように母を。
中腰となっていた良寛さんが、右ひざを立ててヨイショと立ち上がったのです!
作戦成功でした~~~~~~
座位から立位へ移動するとき、カラダは前の方向に動きます。
これを利用すれば、自力で立ち上がることも可能では・・・?
床に座った良寛さんの両手を、前方の床面に置くと
カラダの重心が、前にちょっとだけ移動しました。
もしかしたら、良寛さんの力を利用できるのでは・・・

良寛さんのうしろに回り、お尻をヒョイと前方向に押してみました。
すごい、すごい!
ハイハイの姿勢を、自分の力でパッとすることが出来ました。
次は、中腰の姿勢にチャレンジです。
手を握り、「立って散歩に行こう」と声をかけながら
ちょっとうしろ方向へリードすると、ヒョイと中腰の姿勢に!
椅子の足を握って、ちょっと小休止の良寛さん。
いろいろな歌が復活しました。
表情がイキイキしてきました。
「さあ、行こう!」と、声をかけると
「そうか~」と、軽々とヒョイと立ち上がった良寛さんでした!

立位から座位の移動も、ゆっくり良寛さんの力を利用しながら
チャレンジしてみました。
昨日より、スムーズな動きで胡坐をすることが。

足腰を動かすことで、血流が良くなったのでしょう。
夕食は、箸をもちパクパクと自分で食べることができたとのこと。

立ち上がり作戦、1歩前進でした。
[PR]

by poco-a-poco-music | 2005-01-26 22:56 | 良寛(りょうかん)さん?!

モノは考えようで・・・   

一昨年の経験を思い出し、パソコンで打ち込んだ数字をチェックしてみたら
2重計上していたことが・・・・・
ちょっとマイナスが軽くなって、ホッとしました。

人生なんて、こんなものかな~と感じます。
マイナスと思っていることが、視点を変えてみればプラスに転じたり
プラスと大喜びしていたのに、実はマイナスだったり・・・

モノは考えようでした。
[PR]

by poco-a-poco-music | 2005-01-25 23:31 | 夢・願い・想い

リハビリを・・・   

歩かなければと、良寛さんを見ていると思います。
ストレッチをしなければと、鏡にうつった自分の姿を見て思います。
運動不足で、肉が背中にも回ってきた私。
頭の回転も鈍くなって、物忘れが・・・

リハビリのお陰で良寛さんは、元気です。
きょうは、床に座ることが出来ました。
そして、ハイハイの姿勢をとり、中腰となり、
ヨイショと立ち上がることも成功しました。

中腰って、結構運動になるのです。
介助しながら、良寛さんと同じように運動をすることに・・・
右左右左のフリフリ体操も、良寛さんの動きにあわせて私も・・・
ジ~ッと真っ直ぐ立つのも、良寛さんといっしょに・・・

アッ、そうだ!
義母も良寛さんに負けないよう元気になってもらいましょう。
杖を持っている手を私が持ち、出来るだけ背中を伸ばして
廊下を1周歩きましょう。
腕を上にあげ、横に広げ、回し、腰を右左右左して休憩を。
2周目もスムーズです。
歩幅も広がり、掴っている手も力が抜け
背筋がシャンと伸びているヨと褒められた義母でした!
毎日、良かったらきて・・・と言ってくれました。
運動することで、元気をもらうのだったら、お安い御用です。

カラダが動くようになったら、饒舌になった良寛さんと義母でした!
私も若返りのためにがんばりま~す!
[PR]

by poco-a-poco-music | 2005-01-21 23:46 | 良寛(りょうかん)さん?!

読んでみたい本です・・・   

音楽療法の基礎(村井靖児 著)
老人達のための療法の一例がありました。
ある曲を聴いて、患者に、突然昔の記憶がよみがえり、
言葉が話されたりする事があるそうです。
童謡だったり、場末のジャズピアノだったり。
出来事ー音印象−感情は、とても強い記憶の輪を作っているそうです。
こういう場合は、クラッシックがいいとされていても、
5、60年前に流行った曲などを、奏したりする事もいい事なのでしょう。(kokoniさんブログより)

そうなんです!
いろいろなドラマが生まれてます!
失語症のAさんは、どうしても言葉を発することが出来ないこともあり、問題行動が。
一緒に音楽を楽しみましょうと、誘っても知らん顔。
でも、♪なつもち~かづく♪と、他の方々が歌い始めたとき
♪な・つ・も・ち~・か・づ・く♪と、一音一音確かめるような歌声が!
ビックリでした。
!?と、感動の波が、参加された方全員に広がりました。
そして、♪このゆび、パパ~~♪と、歌ってあげると
「ま・ご・が~~~」と、Aさんがお話しされたのです!!!
涙涙でした。ことばが飛び出してきたのです。
「お・は・よ・う」「あ・い・う・え・お」と言えずに、苦しんでいたのに・・

また、Bさんは怒ってばっかり。噛み付いたり、スタッフ泣かせです。
でも、音楽療法の時間が始まると、別人のように穏やかな顔となられます。
歌も積極的に参加され、エ~ッ!?
でも、不思議です。
音楽療法が終わると、怒りん坊のBさんに逆戻り。
一瞬でも穏やかな時を過ごすことが出来て、ヨカッタの巻でした。

Cさんは、クラッシク音楽が大好きです。
先日、3年ぶりにお会いしたら痴呆が進み、顔も険しくなり
Bさん同様、スタッフ泣かせになっていらっしゃいました。
Cさんの記憶のどこかに私が残っていたのでしょうか?
お好きだった「乾杯の歌」「月光」「賛美歌」のことをお話しすると
穏やかなCさん本来の顔が復活しました!
そして、メロディーも復活したのです(驚)

音楽を通じて、いろいろな高齢者の方々にお会いすることができました。
毎回、ドラマです。
お好きな曲もいろいろです。
ひとつの曲から、いろいろな思い出が飛び出してきます。
音楽の摩訶不思議な力って無限です。
[PR]

by poco-a-poco-music | 2005-01-20 23:05 | 音楽の不思議な力&音楽セラピー

息子から大事なものを・・・   

「夢は見るものではない、夢は食うものです」
ステンドグラス作家高見俊雄さんの言葉です。
ブログに進行性筋ジストロフィー症のため
18才で星の世界へ旅立たれた長男俊輝さんの絵が。
高見さんの作品などを拝見し、こころを癒されてます。
「息子が生まれて彼が必死に病気と闘っている幼い姿を見るうちに、
人間にとって一番大切なのは家族、
そして人に対する愛情や優しさだと思ったんです。

いや、息子が教えてくれた。
ガラスはとてもデリケートなものです。
生まれたばかりの赤ちゃんのように大事に扱わなければすぐに壊れてしまう。
そんなデリケートなものを負のエネルギーで作ってはいけない。
見る人が楽しく心が暖かくなるような作品を作っていくには、
もっと人を愛し、心を磨くことが大事だ。
それがガラスと息子が僕に教えてくれたことでした
」(「趣人」より)

いつか、高見さんご夫婦にお会いできたら・・と夢見ている私です。
[PR]

by poco-a-poco-music | 2005-01-19 22:07 | 夢・願い・想い

ご縁のお陰で・・・   

ご縁に感謝です!
大平光代さんの1冊の本から、いろいろなご縁が生まれました。
本を貸してくれたA子ちゃんに、ブログでコメントをいただいた内容を伝えると、
「ウッソ~~~!」とビックリ仰天でした!
一番多感な時期に、巡り合った1冊の本。
思いがけないご縁が生まれるなんて、予想もしていなかったA子ちゃん。
いろいろな人が支えてくれているね~と・・・

良寛さんもおかげさまで、ドンドン元気になっています。
ジ~ッと椅子に座ったままだったのに、今日はひとりで立ち上がり
ガラス戸の所まで歩いて行き、外を眺めていたとか・・・(驚)
ちょっと目が離せなくなったけど、嬉しい報告です。

昨秋から、ズ~ッと探していた大事な楽譜が返ってきました。
T君に貸していたことをすっかり忘れていた私。
良かった~と、嬉しくなってピアノで遊んでしまいました!

さあ、明日はどんないい事が生まれるでしょう?
いろいろなご縁に感謝の毎日です!
[PR]

by poco-a-poco-music | 2005-01-19 00:04 | 夢・願い・想い

自分の人生も他人の人生も大切に・・・   

おばちゃん、この本を読んだよ・・・と中2のA子ちゃんが貸してくれました。
大平光代さん「だから、あなたも行きぬいて」
心の支えとなる本にめぐり合ったA子ちゃん。
A子ちゃんに幸せがイッパイ舞い込む予感をさせてくれた本。
モノは考えようで、プラスにもマイナスにも・・・・
いろいろな事があるだろうけど、じょうずに乗り越えていってねとエールを!
今こそ出発点

人生とは毎日が訓練である
わたくし自身の訓練の場である
失敗もできる訓練の場である
生きているを喜ぶ訓練の場である

今この幸せを喜ぶこともなく
いつどこで幸せになれるか
この喜びをもとに全力で進めよう

わたし自身の将来は
今この瞬間ここにある
今ここで頑張らずにいつ頑張る
     (京都大仙院  尾関宗園)

『だから、あなたも生きぬいて』より

「家庭や学校や世間に対する怒りや不満を、
道を踏み外すことで解消しようとしても、
それは全部自分に跳ね返ってくる。
自分がしたことの何倍にもなって」

「自分の人生も他人の人生も大切に」

「この先も、いくたの苦難があるかもしれないが、
あなたはそれに耐えられるだけの力を備えているはず。
あなたはこれまで随分と、辛い目にあってきたのだから」

「道を踏み外したのはあんただけのせいやないけど、
いつまでも立ち直れんのはあんたが悪い」

大平光代さんは、大阪市の助役に就任されているとのこと。
2001年の講演を読み、愛し愛されることの大切さを痛感したことでした。
[PR]

by poco-a-poco-music | 2005-01-12 23:16 | 夢・願い・想い