<   2005年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧   

やっと掲載することが・・・・・   

やっとデジカメの写真を掲載する方法が・・・
マウスをダブルクリックしても動かず、悪戦苦闘の毎日。
原因は、ダブルクリックするのが下手だったため(失笑)
マウスの速度を遅くしたら、問題解決>>>

先ずは、先日お墓参りと雑用のため九州新幹線で帰省したときの写真で練習を。
九州新幹線の車内です。
b0003651_21381167.jpg
b0003651_21414712.jpg

新幹線乗車時間は13分位だったかな~
待合室はガラス張りで、快適でした!
b0003651_2142692.jpg
b0003651_21421723.jpg

[PR]

by poco-a-poco-music | 2005-02-22 22:29 | 雑記帳

みんなからお祝いを・・・   

通知不可能と表示の電話が、お父さんの携帯電話へ。
と、同時にメールが・・・・

恐る恐るお父さんは、「もしもし・・・」と電話を>>>
「モシモシ、オトウサン、タンジョウビオメデトウ!」
電話の向こうから聞こえてきたのは、シャルルの声!
お父さんは大感激。
まさかフランスからお祝いの電話をプレゼントしてもらうなんて・・・
仕事の疲れがぶっ飛んだ~と、大喜びのお父さん。
興奮して、「シャルルから電話があった~~」と、電話を私にくれました。
そして、私が「誕生日おめでとう!」と送ったメールのことも・・・
シャルルの電話といっしょに私のメールが届いたとか。

息子からのメールは、「いくつになったね?」
娘からのメールも届き、みんなから祝福された誕生日だったと
電話の向こうで、お父さんの声は弾んでました!

カラダを大事にして仕事も頑張ってね、お父さん!
[PR]

by poco-a-poco-music | 2005-02-21 23:26 | シャルルはフランス人

縁の下の力持ち的存在で・・・・   

突然、良寛さんが46年と・・・
!?
何を言っている?と、良寛さんの話をジックリと聞くと謎が解けました!
土地を購入し、家を建てたことを突然思い出したようです。
コリャア、なんだ~~~の巻でした。
だったら、子ども達の名前を思い出してヨ・・・・・・と、笑いの渦が>>>>

最近の良寛さんを見ていると、いろいろなことを感じます。
先日、主人の義妹も言っていましたが、介護を通じて学ぶことの意義は大きいなと・・

常々感じていることをfeeling_placeさんのブログで見つけました!
わたしの心がけていることは まず介護する人にとって介護し易い環境を整えることです そのことが結局は介護される人の幸せに通じるのだと思います」
(中略)
介護される方を支え理解し労っていくことが
いい介護をしてもらうことに繋がり 介護される側の本当の幸せになる
これは介護してきた人が身に沁みて感じることだと思う 
在宅で看護師は 前に出ることなく介護者を立てていくこと 
お家の方の介護力を引き出していくこと 縁の下の力持ち的存在でいること
あなたの介護のおかげでこんなによくなられましたよ・・・と
言える人でありたい
これは 人間関係にも通じるね
こういうことを仕事をしながら 学ばせてもらっていることが有難い
(中略)
自分が幸せだと思えないときは 
人の幸せを願う本当の意味でのいい仕事はできないですよ と

介護をしてあげているのではなく、させていただいているとの気持ちを
忘れずに、出来ることを無理しないでですね。。。。。
[PR]

by poco-a-poco-music | 2005-02-20 22:55 | 良寛(りょうかん)さん?!

そうだよね、私も体操を・・・・・   

「良寛さ~ん、私はもう帰るけど、イイ?」
「エ~?帰るのかあ?体操して帰ったら・・・・」

体操という言葉が良寛さんの口から飛び出しました!
腰フリフリ体操やうつ伏せ寝など、いろいろ試してきた効果が・・・!?
「良寛さん、ご希望に沿って体操しようか?」
「イヤ、私ではなくてお前が!
体操すれば、気持ちがイイから体操をしなさい・・・・・」

まさか、こんな言葉が聴けるなんて!
ビックリでした~~~
1本取られてしまいました!
[PR]

by poco-a-poco-music | 2005-02-18 22:35 | 良寛(りょうかん)さん?!

リックを背負って・・・・・ そのⅡ   

ネットで検索していたら、ニースへ旅行された方のサイトが・・・
私達が行ったところの写真なども掲載されて、嬉しくなってしまいました!
朝市の黄色のミモザの花、展望台から見えるニースの街並み・海岸線・海の色・・・
ちょっぴりリッチな気分を楽しんでニースの旧市街地を散策を。

さあ、いよいよ娘が住むエクス・アン・プロヴァンスへ列車で移動です。
コートダジュールの豪華な家々を車窓から楽しみながらマルセイユ経由で>>>
駅に出迎えてくれた娘と久しぶりの対面をすることが出来、ホッ!
娘の寮に金・土2日宿泊し、残りは旧市街地のホテルへ。
ホテル宿泊1日目。
絨毯が敷き詰められた階段を上がって3階へ。
部屋はどこかなあと、期待でワクワクしたのも束の間、上に案内されました。
!階段の絨毯がない・・・
案内されたのは、小公女に出てくるような屋根裏部屋。
シャワーのお湯もチョロチョロとしか出てこないし、トイレも共同!
泊まるだけだから・・・と、屋根裏部屋に1泊したもののトホホ・・・
翌朝、息子がひとりでスペイン・ポルトガルへ出発したことを口実に、部屋のチェンジを。
娘に頼んで、部屋をチェンジしてもらって大正解!!!
日本円で1000円ぐらいの追加料金で、お姫様のような部屋が~~~~~~
映画に出てくるようなバスタブはあるし、ベッドもゆったりし部屋も豪華。
小公女の気持ちがよ~く分かったホテル騒動でした(笑)

ゆったりと、エクス・アン・プロヴァンスの旧市街地を歩いて回ったり
アルル・アヴィニョンマルセイユなどへ連れて行ってもらった風景も
掲載されていた上記のサイト。
フランス語はチンプンカンプンで、娘のあとを金魚のフンのようにくっつき、
テクテクと歩き回った旅行を思い出させてもらったサイトに感謝です!
<おまけ>
ベルサイユ宮殿で、息子の小学校の同級生とバッタリと!
彼女も、日本から旅行中で私たちから声をかけられ、ビックリ!
パリで合流した息子は、別行動で美術館巡り中のハプニングでした。
世界はせま~~~~~~~い!
悪いことは出来ないの巻でした。

[PR]

by poco-a-poco-music | 2005-02-16 14:09 | 雑記帳

リックを背負って・・・・・ そのⅠ   

福岡発香港経由で夏から留学中の娘と会うために、フランスへ。
1999年3月1日だったような・・・・
ツアーでは、娘が住む南プロヴァンスへは無理。
でも、娘が通う大学の街は見たい。
息子をボディガードとして連れて行けば、自由旅行が・・・・
と、言うわけで貧乏旅行を計画した次第です。

香港では、乗り継ぎの時間を利用して香港見学を・・・
リックを背負い、オシャレとは縁遠い格好で5時間ほど香港に。
夜中に香港を出発した飛行機は、早朝スイスのチューリッヒへ。
飛行機から見える香港の夜景は、100万ドル以上。
でも、雪景色のチューリッヒは、それ以上だったような。
チューリッヒ空港から市内までは電車で移動。
朝のラッシュの中に、日本人のリックを背負った親子が・・・!
なんでこの列車に乗るんだよ~~と、睨まれたのも当然でした(笑)

午前中はチューリッヒを駆け足で見て回り、午後からはベルンへ。
ベルンも駆け足で見て回り、予約していたホテルで1泊。
夕食を食べたレストランでは、英語が全くダメで悪戦苦闘して注文を。
翌朝は、ベルンからアルプス越えで、イタリアのミラノへ電車で移動。
雪景色のアルプスを堪能しようと楽しみにしていたのに
イタリア人のオジサンが私と息子の客室へ。

詐欺師や泥棒が多いと聞いていたので、貴重品をシッカリ隠す私。
オジサンが、なにやら私達に語りかけてくるけど、イタリア語は???
どうしよう・・・と、思ったら息子がスケッチブックに絵を。。。。。
少しずつ、話が通じて和やかなムードが>>>
アッ、そうだ。楽語はイタリア語。
オジサンにpoco a poco ///////////////
通じました~~~!
ジェスチャーと絵を混ぜこぜにしながらの、日伊親睦タイム。
アルプスの風景を、楽しみ味わう余裕ゼロの貴重な体験でした(笑)

ミラノに到着したのがお昼過ぎ。
駅舎の風景に感動しながら、ミラノのオペラ座経由でドーモへ。
リック姿の私達とは無縁のブランドショップを目の保養にしながら>>>
ちょうどミラノコレクションの時期だったため、映画に出てくるような紳士淑女も!
ミラノに1泊し、翌朝は電車でモナコ経由でフランスのニースへ。
地中海のパワーでしょうか?列車の中は人種を超えて和気あいあいに!
言葉は通じなくても心があれば、ダイジョウブでした・・・・

国境を越えるとき、映画のようなシーンが>>>
私達の横に座っていた可愛い女の子二人と、離れた所に座った母親。
パスポート提示が出来なかった親娘は、不法入国者だったんです!
イタリアからフランスへ入った駅で、連れて行かれた3人どうなったのかな・・?
そして、日本ではありえない経験を。。。。。。
モナコからニースへ行く途中、トンネルに入った途端2等車両は、暗闇に。
突然、爆竹を鳴らすバカモノがいたこともあり、恐怖のトンネル経験を。

香港・スイス・イタリア3カ国を、超特急で通り抜けた旅行。
二度と経験できない旅行でした~~~~
[PR]

by poco-a-poco-music | 2005-02-15 23:45 | 雑記帳

「オペラ座の怪人」を堪能・・・・   

久しぶりに映画を楽しんできました。
eieiさんが虜となっているオペラ座の怪人
友人のTさん夫婦も、公開直後楽しんできたとのこと。

観たい観たいと思っていたら、キャナルの優待券が手に入りました!
友人のtさんを誘い、オペラ座の雰囲気をたっぷりと味わってきました。

オペラ座は、フランスへ交換留学していた娘が連れて行ってくれた所。
見学コースのチケットを購入し、オペラ座のあちこちをキョロキョロとたっぷり楽しみながら、
本物の公演を観たいと夢見たことが、映画で・・・・・
ステージの説明を受けたとき、「オペラ座の怪人」の事も。
複雑なステージ裏を、オルセー美術館にミニチュアでも再現してあったような。

と、ここまで書いたところに、Tさんより電話が。
NHKの「英語でしゃべらナイト」にファントムとクリスティーヌが出演するヨと。
慌てて、チャンネルをチェンジすると中村雅俊と話す二人が・・・・
今日は「オペラ座の怪人」に染まった一日でした!

PS<参考まで>
オペラ座は、内部を見せてもらえる見学コースがありました。
裏までイロイロと見せてもらった覚えが・・・・
ベルサイユ宮殿とは異なった内部の豪華さは、映画のとおりです。
シャガールの絵が天井絵となっていましたヨ。
[PR]

by poco-a-poco-music | 2005-02-14 23:57 | 雑記帳

梅干を使って棘が・・・・   

指に刺さった棘。
毛抜きで抜こうとしても、小さすぎて取れない・・・
そこで、梅干が登場です!
種を取った梅干をぺタッと、棘が刺さっている指に。
バンソウコウを張って、しばらくすると棘が浮き出てきます。
どうかすると、梅干の皮の中に棘が入っていることも・・・

重宝している刺抜き方法ですが、本にも書いてありました!
昨日、衝動買いした本に書いてあるのを見つけました。
「おばあちゃんの知恵袋」
いろいろな情報が載っていて重宝しそうです・・・・・・
[PR]

by poco-a-poco-music | 2005-02-13 22:36 | 雑記帳

宝物は、たくさんの友人達です!   

松山市在住の友人のDさんから、福岡に来ると連絡が!
一昨年秋、彼女が福岡へ来たときは会うことが出来なかった私。
電話では、時々オシャベリをしているものの会うのは、卒業以来・・・・
分かるかな~との心配も杞憂に終わりました。

大学卒業以来の再会でしたが、いつも会っていると錯覚を・・・
学生時代と変わらぬ彼女と再会し、気分は一瞬にして20代へ>>>>
福岡在住の友人Hさんと3人でお昼を楽しみ、話も弾んだ4時間。
充実した時間を過ごすことが出来ました!

「あなたの宝物は?自慢出来ることは?」との答えは、「友人に恵まれていること!」
自分の気持ちを飾ることなく、素直な気持ちで話せる友人達。
会いたいと思っていた高校時代の友人達とも一昨年、再会できました。
昨年は、熊本在住のTさんと会え、そして今日はDさんと・・・・
ご縁に感謝です!
[PR]

by poco-a-poco-music | 2005-02-12 23:04 | 夢・願い・想い

冬の星座から・・・・   

久しぶりに満天の星を見たような・・・
歩いてゴミ出しに行って正解でした!
帰りに、ふと空を見上げるとたくさんの星が。。。
スーッと星から光が届き、happyな気持ちに・・・

昨年3月、主人たちの仕事を手伝って長崎県の五島市へ。
早めに仕事が終わった最終日、天文台へ行こうと話が・・・
予約しないと、ダメだと聞いていたけど、当たって砕けろ>>>>
宿泊していたホテルから問い合わせてもらうと、OKとのこと。
ラッキー!と、車を飛ばし天文台へ。
光がまったくない鬼岳天文台周辺の空は、溢れんばかりの星が!
天文台から、懐中電灯で照らす光が一直線となってオリオン座まで届いてます。
曇っていた空が、スーッと晴れていろいろな星が輝きはじめました。
最高の星空から、たくさんのパワーをプレゼントしてもらいました。

そして、翌朝フシギなことが起きました。
帰りの船の中で、突然Kさんが「鬼岳でカメラを失くした~~~~」
朝の鬼岳へ行こうと出かけ、写真を撮ったことまでは覚えてます。
失くしたのは、鬼岳と分かっていてもどうしようもないよねと半ベソのkさん。
雨も降り出してきました。
100%諦めモードのKさん。
そこへ、幸運の神のT氏がニタニタと、「これじゃない?」

ウワ~ッと、飛び上がって喜ぶKさん。
使い捨てカメラが鬼岳山頂に、落ちていたとのこと。
たまたまKさん夫婦より遅れて、T氏が鬼岳へ行ったお陰。
道ではなく、草がいっぱいの広場に落ちていたカメラ。
神様がホラッと、教えてくれたんだね~と全員感激した出来事でした。

宇宙の摩訶不思議な力を、夜空に輝く星が届けているのですね。
[PR]

by poco-a-poco-music | 2005-02-12 00:10 | 夢・願い・想い