<   2005年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧   

へエ~~~~~~!   

特約地震保険の申し込み書類が届きました。
昭和56年6月1日以降新築の建物は、10%割引されるので、
登記簿謄本のコピーが必要とのこと。

建築時の書類を引っ張り出し、必要事項を記入していた主人。
ペンの動きが止まったと思ったら、素っ頓狂な声で
「アレッ?この数字どこかで見たことがあるぞ!」と。
???
登記簿を覗いたけど、???

建物新築年月<昭和61年○月○日>

分かりましたあ~~~~~~~~~
スゴイ偶然に、ビックリ!
何と、息子の誕生日に登記申請をしてあったのです。
諸手続きの関係はすべて建築会社に任せていたので
まったく気付かぬまま、19年経過してました(驚)
息子の10歳の誕生日に、大きな買い物をしてたのですね。

4月6日は、30回目の結婚記念日。
たくさんのご縁に恵まれて、今に至ったことに感謝です。
[PR]

by poco-a-poco-music | 2005-03-31 23:28 | 雑記帳

弾いているつもりです!   

ソ~ッと、キーボードを良寛さんの前に置いてみました。
♪青葉茂れる桜井の~~♪
♪ここはお国の何百里~♪
♪咲いた咲いたチューリップの花が~♪
3年前、音を探しながら弾くことが出来た曲を思い出したのでしょうか?
鍵盤の上の指が動き始めたのです。
音はメチャクチャだけど、リズムはピッタリ!
私が歌うのを止めると、どうして止めるのだと良寛さんの目が。
プップップッとしか、聴こえてこないキーボードの音だったけど
良寛さんは、完璧に演奏しているつもりだったのでしょうね(笑)

退院して1週間。
少しずつ、筋力も復活してきました。
座位の姿勢を取っていると、コロンと後にひっくり返ってしまうことも
少なくなってきたものの、介護も工夫が必要になってきました。
マットレス・布団などで良寛さんの周りをガードし、オカアチャンは家事を。
パーキンソン特有のしがみつく動作が多くなっているので、老々介護は大変。

キーボードを弾いたあとの良寛さん、動きもスムーズになっていました。
この調子で効果が持続すれば、介護も少し楽になってくるかな・・・
オカアチャンの為にも、ガンバロウね、良寛さん。
[PR]

by poco-a-poco-music | 2005-03-30 22:42 | 良寛(りょうかん)さん?!

「ありがとう!」のキャッチボールで・・・   

親の介護をどうしている?と、話題になることが多くなりました。
ブログ内でも、
feeling_placeさんは、
他人だったふたりが一緒に暮らしていくために
気持ちよく暮らしていくために
愛情を深めていくために
大切なことは

お互いが 相手の親を自分の親より大事にすること
親は 自分の子どもより 子どもの相方を可愛がること~

sakurakoさんは、
が~~~ん!
一人暮らしの 年寄りじゃーないんですよー?・?・?
誰だって なにかに気を使って生きてます
母も母! 兄も兄だ!
母を 頼むの一言 わたしゃ聞きたかったよ~

haruさんは、
でも、もしどちらかが亡くなり一人になってしまったのなら。
実家の近くにはだんなの妹さんも両親の兄弟もいる。
でも、だんなは自分で両親の面倒をみる気でいる。
なのに、だんなは田舎には戻るつもりはまったくない。
(中略)
義父が望んでいるのは
この私が田舎に来て、取り仕切る事なのだろうと思います。

自分たちが息子の所にやって来るなどと言うのは
青天の霹靂、天地がひっくり返るぐらいの驚き事なのです。

みんな同じ悩み・問題を抱え、同じ気持ちを抱いているのだなと感じます。
良寛さんが、認知症初期の頃ボソッと・・・・
「主人の親・自分の親と思うのでなく4人の親がいると思いなさい。」
「結婚させたとき、嫁ではなく娘、婿ではなく息子が出来たんだよ。」
身内だからこそ、お互いに「ありがとう!」の言葉のキャッチボールが必要と。

土曜日久しぶりに会ったNさんとも話しました。
何が一番良いかは、それぞれ。
「ありがとう!」「どういたしまして」の言葉のキャッチボールをしていれば
ベストの形が生まれてくるのかなあと・・・・・

介護は長期戦。
ムリがない形で、頑張りすぎないことがコツだよとアドバイスを貰いました。
そうですね!
いろいろな事はあるけど、「ありがとう」の気持ちでがんばりましょう!
[PR]

by poco-a-poco-music | 2005-03-28 22:13 | 良寛(りょうかん)さん?!

ゴメンゴメン・・・・   

久しぶりに家でゆっくりさせました。
昨日から、ちょっと元気がなく顔色が青ざめているようにも・・・
昼食後、ベッドで休ませて様子を見ることに>>>>>

お昼寝を2時間余りしたあとの良寛さん、顔色も良くニコニコと元気復活!
「良寛さん、病気かと思って心配したよ!」と、声をかけると
「ゴメンゴメン、元気だよ!」と、返事が返ってきました。
「さっきは、頭が痛かった・・」と、自分の気持ちも話す良寛さん。
ビックリしました。
地震のことがニュースで流れると、「知らなかった~」とも。

介護疲れが癒されたひとことでした。
[PR]

by poco-a-poco-music | 2005-03-25 23:39 | 良寛(りょうかん)さん?!

今夜から自宅です。   

ショートスティで、3日間過ごした良寛さん。
無事退院することが出来ました。

今回、嚥下障害を起こしやすいことが分かり、
入れ歯の調整もしてもらったのはラッキーでした。
薬も、のどの通りを良くする漢方薬を処方してもらいました。

入院前の元気までは、今一歩ですが食欲は旺盛です。
明日は、デイケアをお休みして自宅でゆっくりと過ごします。
桜が満開となる頃は、元気イッパイの良寛さんに>>>>
[PR]

by poco-a-poco-music | 2005-03-24 23:04 | 良寛(りょうかん)さん?!

いろいろな被害状況が・・・   

ニュースでいろいろな被害状況が・・・
テレビや新聞などを見て、被害の大きさに驚いているところです。
築1年半ぐらいのマンションに、大きな亀裂が入り、ドアを壊し
出入りしている様子や、家の中がグチャグチャになっている様子も。
ライフラインの水道・ガスが止まって、公民館などに避難されたり
また、ガケ崩れやビル倒壊の危険で避難されている方も・・・
心労も大変だろうと、他人事ではなく感じます。

車が駐車場などで、ペチャンコとなったりの被害が報道されていますが、
知人の場合、車は大丈夫だったが、立体駐車場の機械が作動せず
駐車場から車を出すことが出来なくなったとのこと。

当たり前と思っていたことが、当たり前ではなかったのだと痛感します。

地震から4日目。
我家の周辺は、いつもの風景が・・・・
被害がほとんど無かったことに感謝しながら、余震への備えを。
[PR]

by poco-a-poco-music | 2005-03-23 22:44 | 雑記帳

場所で被害はいろいろでした。   

正直疲れました~~~~
被害が少なくても、これだけのストレス。
ユサッと音がするたび、ギクッとしてしまいます。

マンションの上層階に居住の知人は、被害甚大だったとのこと。
警固のお寺でお彼岸の法要中だった知人は、恐怖の時間を。
ガラスがバラバラと割れ、墓地は次々と墓石が倒壊したとか。
車運転中の隣人は、一瞬4本のタイヤが全部パンクしたと思ったとか。

隣家では2階のテレビなどが落ちたり、食器類が少し割れたりはしましたが
我家の近所も、ほとんど被害がなくてすみました。

地震がおさまったところで、慌ててタンス類が倒れないように応急処置を
したけど、食器類とかどんな方法を取ればいいのでしょう?
あまりにも地震に対して無防備で無知識・・・・・
どなたか、知恵を貸してくださ~い!

それにしても、怖かったです。
大きい余震がきません様、祈るだけです。
[PR]

by poco-a-poco-music | 2005-03-21 23:09 | 雑記帳

いろいろなリズムを・・・・   

驚きです。
ステレオの前に連れて行くと、背筋をピンと伸ばし
聴こえてくる音楽をジ~ッと聴いているのです。
この前は、偶然かな?と思ったけど、自分の意思が出ています。

聴こえてくる音楽は、スタッフが編集されたとの事。
いろいろなリズムの曲が入り、静かな曲も賑やかな曲も聴こえてきます。
リズムをカラダでシッカリと受け止めている良寛さん。
エ~ッ?こんなに音楽が好きだったのと、意外な発見です。
ステレオの前から離れようとしない良寛さん。
私との会話もキチンとすることが出来ました(驚)

主治医の先生もシッカリと立っている良寛さんにビックリしながら
「よかったですね~」と声を掛けてくださいました。
いろいろなスタッフの方達からも、「スゴイ、スゴイ」と褒められて
元気いっぱいの1日を過ごせたのは、音楽のお陰でしょうね。

ショートスティで3泊4日過ごしたあと、24日は自宅へ。
今回の入院中は、大好きなオカアチャンはカゼでダウン。
神様が休養時間をプレゼントしてくださったようです。
入れ歯が少しガタガタ緩くなっているのも、今日診察してもらったし、
「災い転じて福と成す」の入院でした。
[PR]

by poco-a-poco-music | 2005-03-20 00:32 | 良寛(りょうかん)さん?!

卒業おめでとうございま~す!   

卒業式で、いろいろな歌が・・・・♪~~~~~^^♪

卒業おめでとうございます!
つきさんの子供さんも、光り輝いた顔で歌われることでしょうね。
スマイルアゲイン
ビリーブ
世界中のこどもたちが
つばさをだいて

子ども達が卒業した学校でも、卒業生の歌声が例年響きます♪
我が家の子ども達の頃は、「流浪の民」「モルダウの流れ」を・・・・
心をゆさぶる摩訶不思議な力がイッパイ溢れていました。
[PR]

by poco-a-poco-music | 2005-03-19 22:26 | 音楽の不思議な力&音楽セラピー

シッカリと耳を傾けて・・・・   

チョコチョコとしか足が進まない良寛さん。
右左右左と、フリフリ体操をしても足がすくんでしまいます。
どうしましょう・・・・
ヨチヨチヨチヨチと、転ばないように注意しながら歩いて行く?

アレ?良寛さんの手が動いてます。リズムを取っています>>>
食堂から聞こえてくる音楽に合わせて、足取りも少し軽くなってきました。
ニコッと、笑顔も飛び出してきました。
さあ、ステレオの前に行ってみましょう!
音楽に合わせて右へ左へカラダが揺れてきました。
握っている手もルンルンルンと、楽しそうにリズムを取ってます。
満面の笑顔が復活してきました。

リズムを取りながら、スタスタスタと歩いて部屋まで帰ることができました。
音楽の摩訶不思議な力が、♪歩こう歩こう、わたしは元気~~♪と
良寛さんを部屋まで連れて行ってくれました。

検査結果が良かったら、明日退院許可が・・・・
家に帰ったら、大きい声でたくさん歌ってくださ~い♪
[PR]

by poco-a-poco-music | 2005-03-16 21:54 | 音楽の不思議な力&音楽セラピー