<   2006年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧   

笑う!   

笑うことで、摩訶不思議なパワーが・・・

カラダが、ギュ~ッと固まってしまうと、笑うことも忘れてしまいます。
笑えば、カラダの余分な力がス~ッと抜けて摩訶不思議な力が・・・

「笑う門には、福来る。」
これって、大事な健康法のひとつかも。

(´∀`)(´∀`)(´∀`)(´∀`)(´∀`)

可笑しくなくても、一日一度は声を出して笑って、リフレッシュ!

(´∀`)(´∀`)(´∀`)(´∀`)(´∀`)
[PR]

by poco-a-poco-music | 2006-05-24 23:34 | 介護予防

好きな曲は、♬♬ ♬♬ ♬♬ ♬   

4月3週から、5月までの音楽セッション
グループセッションとは異なった効果が、少しずつ出てきました~

パッと見た感じはお元気そうなMさん。
1回目のセッションの時、声をかけようとしたら、スタッフからストップが。
「無視してください・・・・」と。
Mさんは、音楽が嫌い?
実は、そうではなくて、Mさんのお好きな曲はクラシックだったのです´∀`
そして、Mさんは照れ屋さん。
声を掛け損なうと、ご機嫌を損ねるので、そっとそっと・・・・

よ~し、そうだったらと、2回目はクラッシク曲集を導入で♬♬ ♬♬♬♬
Mさんは、遠くからソ~ッと様子を覗き込んでいらっしゃいます。
そして、少しずつ近くに>>>
でも、ここで声かけをしたら、NGです!
グッと我慢をしながら、他の方とセッションを♬♬ ♬
あれ?Mさんが近くにいらっしゃいました~~
気付かないフリをしながら、シュトラウスのワルツを。
「美しき青きドナウ、イイですね~」と、Mさんが!

ヤッタ~~~~~♬♬ ♬♬♬♬
興味を示してくださいました!

3回目は、さり気なくMさんの興味がある曲をAさんに~♬♬ ♬♬♬♬
Mさんから、笑顔がチラチラと(´∀`)
ベートーベンの<田園>が、一番好きな曲とお話しも♬♬♬

そして、4回目の今日。
<運命>と、<田園>のピアノバージョンを準備してお伺いしました~
でも、Mさんは暗い顔でちょっと声かけは・・・・
他の方たちとのセッションを先にしながら、チラチラと私の目線はMさんに。
10分、20分、時間が経過するにつれ、Mさんリラックスした表情が・・
ホントにさり気なく、Mさんに近づいてみました~
手にしていらした歌集のページは、「船頭小唄」
「Mさん、<俺は、河原の枯れススキ・・・♬♬♬>これで、良かったですか?」
自信無げにお尋ねすると、
「そうそう、そうだよ。よく知ってるね・・・」と、お返事が。

そして、イロイロお話しをしながら、田園のメロディーへ。
「この曲は、イイね~心が、ホッとなるでしょう?・・・・」と、幸せそうなMさん。
イキイキとお元気な表情が、復活しました~!♬♬♬
この次は、田園を中心にセッションを♪(*´○`)~~♪

<おまけの話>
Sデイサービスの音楽係りは、Mさんとのこと。
たくさんあるCDの中から、選んだ曲がいつも流れているって最高!
明日からは、食事中に<田園>を流そうかな・・と、お話しも。
ヤッタね~~~~~~ 
[PR]

by poco-a-poco-music | 2006-05-18 21:26 | 音楽の不思議な力&音楽セラピー

ノボセルということは・・・・(^_^;)   

良寛さんを寝かすために、もう一度、行かなくちゃと思っていたらメールが~

18:50
あなたも疲れているから、来なくて良いです。
できないときは、メールします。

    <返信>
      ハイ、ありがとう!
      何かあったら、連絡くださ~い。   

19:18
うまくできた(^▽^)
何て私、頭がいいのでしょう?
ベッドで、すわっているよ。
あとは、寝せるだけよ。

     <返信>
       頭がいいのは、ホントだと思うけど、オシッコは?

19:25
オシッコはあきらめて、オムツです。

     <返信>
       オシッコは、17時半ごろだったので、出ないと思います。
       お疲れさまでした ´∇`

20:10
人間、ノボセルということは、おそろしいことです(^_^;)
起こして、シッコをさせたら出たので、ズボンをはかそうとしたら、ころんだ!
そこに、tokoさんが帰ってきて助けてくれました(*´∇`*;

     <返信>
       あれあれ?
       tokoさんに、感謝だね!´∇`


子ども達に迷惑をかけまいと、あの手この手を>>>
オカアチャンからのメール、吹き出してしまいました~
ヨカッタな~と、思っていたら、アレアレ !

そう、ノボセルと言うことは ・・・・・・(^_^;)

[PR]

by poco-a-poco-music | 2006-05-17 22:34 | 良寛(りょうかん)さん?!

名前を漢字で・・・・   

5月初めから、文字カードにチャレンジ中の良寛さん。

正直、反応があるなんて予想もしていませんでした~
音楽セラピーのために作ったカード。
遊び半分で、良寛さんの目の前に「あ」「か」などのカードを>>>

最初は、焦点は全く合わなかった良寛さん。
でも、何回かするうちに、目線がシッカリとカードへ>>>
もしかしたら、効果があるのでは?

ひらがなだけでなく、漢字のカードも見せてみることに・・・
音楽セラピー用に作ったカードの中から、「元気」「夏」「雨」を。
『良寛さん、この字分かる?<元気>だよ!みんな<元気>の元気!』
『春が終わったので、もうすぐ<夏>だね。良寛さん、<夏>は好き?』
『外は<雨>が降っているよ・・・今年の<夏>は、<雨>が多いかな?』
良寛さんの目の前でカードをチラチラさせながら、いろんなオシャベリを。

分かるかな?分かるはずは、無いよね・・・・
私って、何をしているんだろう?

と、思ったときでした~
良寛さんの目が、カードをしっかりと見ているのです!
そして、フンフンと相槌を・・・・

ビックリでした~~
まさかまさかの巻きでした~

そして昨日。
elunarさんのブログにお邪魔して、アッそうだ!名前を書いてみようと。
カレンダーの裏に、極太のマジックでド~ンと書いた名前。
『良寛さん、何て書いてあるでしょう?
○○って、良寛さんの名前でしょう?
間違っていない?これで、イイ?』

ジ~ッと、紙を見て何か考えている良寛さんが!
そして、何を言っているか分からないけど、言葉が・・・・
摩訶不思議な力が、芽を出して来たのかもしれません。
せっかく出てきた芽を枯らしてしまわないように、チャレンジ継続を>>>>

カラダを動かしたり、リズムを聞きながら歌ったり、イロイロなことが複合的に反応して、
摩訶不思議な力が少しずつ大きくなっているのかもしれませんね。

今、出来たことが出来なかったり、正直ビックリの連続の良寛さん。
でも、出来たと言う喜びを大事にしていこうと・・・・・
[PR]

by poco-a-poco-music | 2006-05-14 22:37 | 良寛(りょうかん)さん?!

いろんな方法で・・・   

ひらがなよりも漢字が理解しやすい。」との文字に目が留まりました。
???どういうことだろうぉ。と、早速この本に引き込まれます。
失語症の人にとって、文字も絵のように理解されるのかなぁ?
最近、感じていたことをelunarさんも・・・

良寛さんの場合も、同じようなことが・・・
入院中だったAさんの場合も同じことが・・・
ひらがなで、奥様の名前を書いても無反応だったAさん。
でも、漢字で書かれた奥様の名前を読めたのです!

ダメで元々。
いろんな方法で、少しずつ手を変え品を変えてチャレンジを。
介護も百人百色。

そう言えば、いろんなことを良寛さんに試してきました。
試行錯誤をしながら、今も・・・・・
初期の頃、教えようとする気持ちが私達の中にあった時は、効果がイマイチ。
いっしょに楽しむ気持ちで、気持ちをキャッチボールが出来たとき、効果が!

あっ、そう言えば、音楽療法でも同じことが・・・・
例えば、「あ」のカードを見せても無反応だったHさん。
「雨 雨 降れ 降れ」の文字は、読めていました~
Sさんの場合は、もっとスゴカッタです。
若い頃から、ロシア民謡がお好きだったSさん。
ロシア語が飛び出したことをキッカケに、回復の方向へ・・・

いろいろな方のブログにお邪魔して、勉強することばかりでした~
ありがとう、 elunarさん。そして、みなさん!
[PR]

by poco-a-poco-music | 2006-05-13 13:41 | 良寛(りょうかん)さん?!

一瞬、ヒヤリ・・・・   

「ネ、何か音がするよ?」
調理をしていると居間から、利用者のMさんが・・・

犯人は、私の携帯!
マナーモードにするのを忘れてました~
相手は、母。
仕事中と知っているのに・・・・(/△\)

無視しようとする私に、Mさんが一言!
「ヨカヨカ、何か用事かもしれんから、携帯に出てあげなさい(^o^)」
Mさんのお言葉に甘えて、電話へ出ると、弱々しい母の声が・・・・

「もしもし、今、私は倒れて、美術館の医務室で寝ている。脳梗塞かも・・・・」

「エ~~~~ッ!ハア~~~~?」

いろんな事が、パッパッと頭の中を走りました!
平静を装いながら、娘に電話を。
『おばあちゃんから、美術館で倒れたと電話があったけど
詳しいことが分からないので、おばあちゃんの携帯に電話して・・・』

そして、3分後、娘から電話が・・・
「おばあちゃんは電話に出なくて美術館の人だった。。。。。。。。」

私から、母の携帯へ電話してみると、出たのは美術館の方。
様子を聞き、救急車の手配をお願いすることに。

救急車が到着し、日赤へ搬送も決まった時、Mさん宅の仕事も終了。

猛スピードで、自転車をこぎ我家へ引き返し、そして車で日赤へ。
運転しながら、頭の中をいろんなことが~~~~~~~
もし、脳梗塞を起こしていたら、待ちに待っていた孫の結婚式には・・・
車椅子で行けるだろうか?
お父さんの介護は?
最悪のケースの場合は、どうしよう・・・
なんにも、家のこと聞いていないよ~
etc.

バックンバックンと心臓が鳴っているのを、なだめすかしながら救急治療室へ。
先生から、先ず言われたのは
「昨日、日赤に来院されて脳の検査をされて異常は無かったので、ご安心ください。
おそらく、疲れから吐き気やめまいが出たと思います。
今、吐き気止めなどの点滴をして様子をみてますが、入院の必要はありません」
(´∀`)
そして、母と面会を>>>
「おかあさん、分かる?私は、誰か分かる?」
目を開けると吐き気やめまいが出る母。
ソ~ッと片目を開け、照れくさそうに笑いながら、ひとこと。
「分かるよ!」

ホントに、ホッとしました~
携帯電話を持たしていてヨカッタで~す!
前の日に、脳の検査をしていたのもラッキーでした!

約2時間半後、先生からOKをもらって、帰宅することが出来ました~
v(o^_^o)v

みなさん、お世話になりました~~
お陰様で、いつもの母に復活を。
[PR]

by poco-a-poco-music | 2006-05-12 22:59 | 良寛(りょうかん)さん?!

効果あり????   

デイケアでもスイッチonだった良寛さん。
2日間の特訓(?)の効果アリかな・・(笑)

そう言えば良寛さんの顔が、シャキッとしています。
昨日まで、あんまり反応が無かったカード(字)を見せてみようかな?

「元気?何て書いてある?」と、良寛さんの目の前にカードを。
「bosodbosiduriuea///]
何を言っているか分からないけど、焦点はカードと一致。
[PR]

by poco-a-poco-music | 2006-05-08 23:45 | 良寛(りょうかん)さん?!

エ~ッ! スゴイね~~~~   

嬉しいな~
こんな事って、ホントにあるのですね~
友人のj子さんから、嬉しいメールが!

『大型連休もアッと言う間に、最終日。いかがお過ごしだったでしょうか?
    (中略)
先日のナニワイバラ 
こちらも大感激!偶然の一致に大興奮でした。
実は、有田の陶器市の一角に、観光客の目を引くそれはそれは見事な、棚をびっしりと覆って咲き誇る数百の純白の花があって、毎年何という花だろうと知りたい一心だったのです!!
しかもその日に答えが~~~~出た』

J子さんが有田陶器市に行った日に、eちゃん宅でナニワイバラを見ていたのです!
そして、携帯からブログへ投稿していた私。
これって、何?
神様のイタズラ?プレゼント?

スゴイスゴイ!
幸せ度数が、何十倍何百倍に\◎^、ゝ^)ノ
[PR]

by poco-a-poco-music | 2006-05-07 22:34 | 夢・願い・想い

たっぷり遊びました~   

連休中、5日と7日デイケアをお休みした良寛さん。
たっぷりと、家でイロイロな療法(?)を遊んでもらいました~

<音楽療法>
(その1)
 椅子から立ち上がらせても、カラダの重心は前に前に>>>>
 ギュ~ッと握りしめた両手を、そっと離しながら声掛けを。
 「ちょっと、お菓子を持ってくるので立っていてくれる?」
 そして、リズムを打ちながら、歌を・・・・

 あらあら、不思議です♪
 良寛さんのカラダが、真っ直ぐに>>>>>
 そして、良寛さんもパンパンと両手でリズムを・・⌒(*^-゚)ノ~♪*^-゚)ノ~♪
 あれ?今度は、両手が腰に!( ^_ゝ^)
 リラックスした良寛さん、約3分間自分の足で立つことが出来ました~

(その2)
 スイッチoff の良寛さん。
 コチョコチョと腋をくすぐっても、イロイロ話しかけても無表情。
 どうしたらスイッチon?
 さあ!キーボードの登場で~す
( ^_ゝ^)
 イロイロなリズムに合わせて、歌を歌ってみましょうか?
  ♪ 夏も  ♬♬ ♬♬♬♬ 八十八夜 ♬♬ ♬♬♬♬ 若葉が ♬♬ ♬♬♬♬
 不思議ですね~
 リズムに合わせて、私が抜かした歌詞を良寛さんが♬♬ ♬♬♬♬
 
(その3)
 キーボードの代わりに、携帯の着信音で遊んでみました~
 耳元でイロイロなリズムが聞こえるので、( ^_ゝ^)
 これは、簡単でイイかもしれませんね~
 読み上げ機能も、久しぶりにチャレンジしてみましたが、大成功!
 「今、何て言った?」と尋ねると
 「お父さん、元気?って言った!」と返事が!
 一瞬のことだったけど、ヤッタア~

<腹臥位療法(腹ばい)>
 昨年1月末チャレンジしていたけど、入退院もあったのでご無沙汰。
 5分程度を目安に、腹ばいになったり、仰向けになったり、久しぶりにチャレンジを。
 昨年より、筋力がついているのでしょうか?
 自分の力も利用しながら、方向変換もする事が出来た良寛さん。
 d(^o^)b
 骨折の可能性もあるので、無理は禁物!
 でも、見守りながら、いろいろな姿勢を取ることも効果ありかな?
 ゆっくりゆっくり、焦らずに体調を見ながら、遊び感覚で・・・・(´∇`)

<字>
 大きく一文字ずつ、マジックで平仮名を書いた紙で遊んでみました。
   「あ」  あ○○○ の 「あ」
   「か」  か○○○ の 「か」
   「た」  た○○○ の 「た」  etc.
 最初は、まったく無表情の良寛さん。
 字の記憶が飛んでしまってから数年?
 仕方ありませんね~~~~~ (/△\)
 でもでも、驚くことが・・・・・!
 ジ~ッと、紙を見つめる良寛さんが出現したので~す。
 「分かる?」と、聞くと、目で「ウン」と返事が~
 指で字をなぞったり、しばらく遊んでみる価値アリかな?

<バランスボール>
 体調を見ながら、ほぼ毎日チャレンジ中で~す。
 両手をシッカリとつないで、立ったり座ったり>>>
 ボールを胸に抱え、リズム打ちを♬♬ ♬♬♬♬
 ベッドに腰掛けた良寛さんの足をボールに乗せ、前後左右にゆらゆら~
    (思ったより負荷が掛かるので、ゆっくりゆっくりと)

たっぷりと遊んだお陰で、ちょっと私の腰が・・・・(;_;)
運動不足は、私だったかもしれませんね~
[PR]

by poco-a-poco-music | 2006-05-07 21:38 | 良寛(りょうかん)さん?!

いろいろな療法。   

イロイロな療法がネットに~
忘れないように、ちょっと記録をコピー・・・・

★回想法
回想というと「昔の思い出にすがりつく」というマイナスのイメージを感じがちですが
実は「若かった自信に満ち溢れた自分を思い起こす」ことにより生活意欲が高められ
現実を認識し(ROですな)そして本人だけでなく介護者や家族にまで「家族の歴史」
「家族の絆」を思い起こさせる重要な「鍵」になるかもしれない、という事です。
スカイパーフェクTVのどこかのチャンネルでは「回想チャンネル」なるものがあって
一日中「古き良き日本」の映像が流されているそうです。

★打楽器による音楽療法
「ヘルスリズムス」は米国で開発された健康維持、増進プログラム。ガイド役を中心に
輪になって、キューバやアフリカなどの打楽器を打ち鳴らし、生体リズムを整える。
楽譜や演奏技術は必要なく誰でも楽しめ、心身のリラックス効果などがある。
また参加者が一緒に行うことで協調性も生まれてくる。
葛飾区は昨年12月と今年2月の計2回、同センターで体験会を実施。
参加した高齢者からは「若返ったようだ」「元気をもらった」などの声が寄せられた。
このため今年度から痴呆予防事業として導入を開始。
区によるとヘルスリズムスを行っている自治体は2例しかないという。
今月から軽い痴呆の高齢者を対象にした週1回のデイサービスで年間計10回実施。
今年10月に始まる「痴呆予防教室」では半年間に計6回行う。
(一部抜粋、朝日新聞2004年4月)

★腹臥位療法(腹ばい)
人間の自然治癒力、自分の中に残存する能力を最大限に引き出す治療法
対象 重度の痴呆 会話困難 終日奇声 自立歩行なし
方法 1週目→15分 2,3週目→午前午後15分 以後1回30分

結果 療法開始後7日目に車椅子に移動すると「有難う」
   3週間後全く出来なかった座位保持、寝返りが出来るようになる
   5週間後 家族の顔判別
   7週間後 回りへの気配り、思いやる気持ち、感情表現(嬉しい寂しい)
        不安定ながら自立歩行

本療法の特徴である「両上肢、外転位に保つことで長期拘縮のために線維化が
進んだと思われる肩関節周囲組織への循環が促進され結果関節可能域が拡大し
食事動作が出来るようになった。
また手の平でベッドを押すことでさまざまなインパルスの中枢神経を賦活し覚醒度が
増し認識が高まった。
他方療法の同一体位による苦痛を緩和する目的で体位を変えようと試みる行動が見られた。
この行動は体幹や上下肢の筋肉を収縮させ筋力を自発的に増強させる結果となり
臥位から座位、歩行へADL拡大につながった。 以上(痴呆学会HPより)

★音楽療法
音楽療法の実践には、活動的な方法(歌唱、簡単な楽器合奏、身体運動)と
受容的な方法(音楽を聴いて心身をコントロールする)とがあるが、高齢者には前者が望ましい。

高齢者の心身の活性化を図り、認知症の予防や症状の改善、残存機能の維持、
リハビリテーション、ひいては生きがいのある日常生活を取り戻すために、
次のような目標を掲げて、プログラムを組む。

1.見当識訓練
対話により、自分の名前、月日、場所の認識をはかる。

2.身体機能の維持と改善
音楽に合わせてストレッチや筋力アップ体操、発声、指運動などをする。

3.回想法による大脳機能の賦活
長期記憶している懐かしい歌から若い頃のイメージを導く。
季節感、歌詞が大切。唱歌、歌謡曲、演歌などを歌う。

4.リズム知覚刺激による心身の活性化
リズミカルな曲に合わせて、鈴やマラカス、カスタネット、太鼓などを鳴らし
精神を高揚させる。
合奏時に、注意力や集中力を高められる。

5.音楽による自己実現で満足感を得る。
集団の中で1人で歌ったり、指揮をして拍手されるような活動は、自己の存在
を認められて満足感をもたらし、生きる意欲を高める。

6.情緒の安定化
音楽や療法士との交流により、心の結びつきが生まれ、孤独感や不安を
取り除いて、情緒の安定と不眠の緩和をはかる。

★音楽療法の現在

現在、老人医療専門病院や特別養護老人ホーム、及び公立、私立デイケア施設
などで、音楽療法が非常に多く取り入れられている。
とはいえ音楽療法は健康保険や介護保険報酬の対象とはまだなっていないので
病院では作業療法の一部として扱われたり、他の施設では予算の関係で
月に2回、専門の音楽療法士が呼ばれて実践している場合が多い。
アメリカでは常勤の音楽療法士が毎日、病院や施設で実践して効果をあげている。
これからも音楽療法の療法効果は情緒面(精神安定や満足感)での改善と
心身の活性化(元気が出た)を中心に認められていくことだろう。

介護職であっても、音楽療法の意義を深く理解し、柔軟な発想でこの技法を
活用するなら、高齢者のQOLの向上に役立つ援助が期待出来るであろう。
                          (音楽療法HPより抜粋)  
[PR]

by poco-a-poco-music | 2006-05-03 22:38 | 音楽の不思議な力&音楽セラピー