<   2006年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧   

リスクは高いけど・・・   

嚥下状態を見ながらSTのHさんが、ゆっくりとスプーンで・・・

お茶ゼリーを3口、食べさせてもらいました~~~
美味しそうに、味わいながら1ヶ月ぶりのお茶ゼリー。

口から、食べることは出来ないだろうと思っていたのに・・・

嚥下性肺炎のリスクは承知の上でのチャレンジ。
プリンや、アイスにも少しずつ、移行してくださるとの事。
ヨカッタね、良寛さん。


膀胱の炎症、中心静脈栄養のリスクなども考慮した上での選択。

残された命は、年内?1年後?2年後?・・・・
そんなことは、誰も分かりません。
良寛さんの生命力を信じていきましょうと、笑顔でF先生も。

そう、そう!
いっぱい奇跡を起こしていきましょう!
寝たきりと諦めていたのに、車椅子に乗り食堂まで散歩が今日は出来ました~
[PR]

by poco-a-poco-music | 2006-08-30 23:47 | 良寛(りょうかん)さん?!

摩訶不思議な力が・・・・???   

何かが、良寛さんのカラダの中で生まれたのでしょうか?
昨日まで、酸素吸入していたのにチューブが外れました!
自分でシッカリと呼吸が出来ているのです(驚)
酸素濃度計は98%を維持していま~す。

そして、昨日まで真っ赤だった尿が、茶色に!
血圧も110/80付近をウロチョロ。
熱は、36.4度から37.2度の間。

一昨日の騒ぎは、何だったのでしょう?

薬が代わったお陰でしょうか?
今までの治療の効果が出てきているのでしょうか?


「白血球の数値も、尿の結果もクリアしていました。
この1ヶ月、何回もあった危機をスルリと乗り越えていらっしゃいます。」
F先生より、嬉しい結果が・・・・


摩訶不思議な力が、たくさん生まれていると確信を。。。
[PR]

by poco-a-poco-music | 2006-08-29 23:09 | 良寛(りょうかん)さん?!

前向きに選択を・・・   

昨日、熱が38度近くあり、血圧が80/40と下がった良寛さん。
血圧が低いため、解熱剤はダメ!
氷枕やアイスノンで対応を。
お陰様で、今朝は平熱と正常な血圧に。

でも、原因がハッキリ分からないと治療ができません。
午前中、検査が・・・・

そして、夕方、先生よりお話がありました。

肺炎ではなく、膀胱の炎症が昨日の原因だったとのこと。

泌尿器科が、当病院にはないが治療をどうするかと・・・

外来受診を泌尿器科のある病院まで行ってする方法もある。
でも、今の状態を考えると移動のリスクが高い。
このまま、当病院で治療をすることも出来る。
ご家族でお考えくださいとのこと。


ウ~~~~~~ン、どうしよう。
母とtokoさんと3人で、先生のお話を。。。。。
弟二人にも相談し、そして全員の意見が一致しました!
このまま、治療をN病院でお願いすることに。


そして、先生から嬉しい言葉をプレゼントしていただきました~
鼻からの経管栄養ではなく、口からの摂取を考えてくださるとのこと。
「中心静脈栄養法」は、継続しながらでも嬉しい言葉でした~

口をモグモグパクパクさせている良寛さんにも聞こえたのかな?
急に、顔色が良くなって、熱は36.8度。
血圧も120/82に・・・・

そうそう、この調子!
良寛さん、美味しいものが待っているよ~
[PR]

by poco-a-poco-music | 2006-08-29 00:10 | 良寛(りょうかん)さん?!

宝物!   

右脳の言語分野にダメージを受けたため?
言葉が、出てきません。

でも、携帯の中の良寛さんは、元気です!

いっぱい表情豊かな良寛さんが・・
いっぱいオシャベリも楽しんでいます・・・
たくさんの名言も・・・・

6月4日、孫の結婚についてオシャベリしています。
4月24日、弟嫁二人への感謝の気持ちを話しています。
「オカアチャン、大好き!」は、たくさ~ん残っています。
「あんたが来ると楽しいよ♪」と、pocoへのメッセージも・・・


良寛さんの声が、いっぱい入っている携帯電話。
もしかしたら、効果があるかもしれません。
思いついたら、即実行!
Y電気に走り、イヤホンを購入。。。

買って大正解でした~
メチャクチャ、音がクリアに聞こえてきます。
何を言っているか分からなかったのに、ハッキリと聞こえます!
元気な良寛さんが動いています!
撮っていてヨカッタ~~

文明の利器に感謝を・・・
イヤホンと携帯電話、良寛さんの耳元で大活躍中で~す。
[PR]

by poco-a-poco-music | 2006-08-27 23:04 | 良寛(りょうかん)さん?!

あるHPから・・   

良寛さん、ガンバってま~す。
家族も、みんなでガンバってま~す。

今の私たちにピッタリのサイトをみつけました。
ちょっと長いけど、コピーを・・・


<心構え>
あなたの中に、患者さんが良くなって欲しい!という気持ちはありますか?
「あります!」
心構えはこれで十分です。

これから行うケアの中心にあるのは、この想いなんです。
この想いがあれば、これから起こるであろう、色々なことを乗り越えていく、自分の力となってくれるはずです。
苦しくなったら、この今の気持ちに戻ってきてくださいね。

きっとあなたにもできることがあります。
方法を模索しながら、まずは、今のあなたにできることからでいいから、とにかく実行してみてください!

最後まであきらめないで、勇気を出して、やってみましょう!
そして次のステップに踏み出せばいいんです。

でも、もしも、万が一、あって欲しくはないけど、「もう良くはならない」と言われたら・・・。


「最悪です。とんでもないです。そんなこと起きっこないです。きっと何かの間違いです。
 もっとよく調べてください。もっといい方法はないのですか?
 そんなことがあったら、私はもう生きていけないかもしれない。
 それほど、起きてもらってはいけないこと。
 絶対に受け入れたくないことです。そんなの絶対に許せません!
 悲しくてとってもつらいのに、頭の中は真っ白なのに、なんだかとても腹が立ってきました。
 この怒りをどこにぶつけたらいいんだろう・・・。」


「予想はしていました。心の準備もしたくはないけど、でき始めています。
 でも本当は、そんな現実認めたくなんかない!否定したい!逃げ出したい。
 でも患者さんも私も、やれるだけの事はやった。なのに、どうすればいいの!
 心が一転二転、転がり続ける。
 この世に神様は本当にいるの?!
 こんなに頑張ってきたのに、何故、こんなことになるの!
 まだまだ一緒にいたいのに。一緒にやりたいことは沢山あるのに。
 一緒に生きていたいのに。生きててくれるだけでいいのに・・・!」


「仕方がないです。これが寿命というものでしょう。
 やれることは全てやりました。納得はとてもできないけれど、受け入れるしかありません。
 それまでできることを精一杯やります。
 ともにいられる時間を大切に行きます。」

きっと、100人の方がおられたら100通りの想い、答えがあると思います。
あなたは、どういう選択をされるのでしょうか。
このページをご覧いただけているということはきっと、
「前に向いて進む気持ち」を持っておられる方だとお察しします。

そのお気持ちを柱に、立ち止まりながらでいいので、
あなたにできることを1日一つでいいからケアを実践してみてください。
もう一度書きますね。

「できるだけケアをされる方は幸せでいてください。」

かなり無理な注文に思えるかもしれませんね。
自分だったら、「無理よ~!」
と悲鳴を上げているかもしれません。

でも・・・、
もしも、本気で、患者さんを幸せにしたかったら、
自分が幸せでいることが大事なんです。

古風な日本人の感覚で言うと、これはとんでもないことだし、
大事な人の一大事のときに、幸せになんかなれるはずがない!

ごもっともです。
かく言う私もそうでしたから、よくわかります。
自分以外の人に、人事だから言えることかもしれません。

デモですね、よく考えてみてください。

ふしあわせそうな顔をしている人に看病されると、心配になりませんか?

患者さんの性格にもよるし、もちろんそのときの感情や状況にもよるでしょうが、
いくら隠してみても、必ず相手に伝わってしまいます。
ましてや、衰弱している患者さんは、
そういう部分の感性も敏感になっているのですから・・・。

とにかく、一番には患者さんのことを考えましょう。
何事も、患者さんが中心です。
今度は、患者さんにとって気持ちのいいと感じることを、考えてみてください。

でも、人の気持ちや、ましてや病気で寝込んでおられる方の身になって考えることはなかなか難しいですよね。

そりゃそうです。
はっきり言って、それは至難の業です。
神様でもなければわかるわけはないです。

でもここで、私は神様じゃないからできない。
と言って終わっていても仕方がないですよね。何にも前に進みませんから・・・。

もしまったく見当もつかないのであれば、
直接患者さんに尋ねてみるのもいいかもしれません。

「何がしてほしい?
 つらいところはどこ?
 気になっていることは何?
 今何がしたい?
 何が食べたい?
 どこか、さすってほしいところはない?」
etc・・・。
あなたが気がついたことから何でも聞いてみてください。

もしお話しすることができない方だったとしても、
意識がない方だったとしても、つらいかもしれませんが、
勇気を出して声をかけて語りかけてください。

私はその声はきっと患者さんに届いていると信じています。
たとえ反応がなくても、医学的に支障がない限り、語りかけをしてください。

とにかく語りかけからはじめましょう。
ケアを始めるきっかけをつくりましょう。

何かを始めることによって、
きっと相乗効果で、実践するうちにコミュニケーションになっていきます。

以心伝心。ハートtoハート。
また、タッチング、触れることそれ自体が魔法のテクニックになります。

なぜなら人は、言葉でのコミュニケーションを約20%、
ボディーランゲージでのコミュニケーションを残りの部分で行っているからなのです。

あなたのできる範囲でやってみませんか?
1つできたら次がやりやすくなります。自信もついてきます。とにかく実行あるのみです!
[PR]

by poco-a-poco-music | 2006-08-27 21:55 | 良寛(りょうかん)さん?!

一憂一喜・・・(*,,^-^)ノノ   

今朝10時ごろ、顔色が無く寝てばかりの良寛さん。
耳元で、呼びかけても無反応。
熱は、36.7度。

作業療法が始まったけど、全く目は覚めません。
いつもだったら、ギュ~ッと握り返すのに反応ゼロ。
(´д`)ハァ~

もしかしたら、腸の動きが・・?
ダメ元で、お腹のマッサージをそっとしてみることに>>>
おへその上にpocoの両手を重ねて、何分後だったでしょう?
お腹が、ゴロッゴロッと動き始めました!
ヨカッタ、ヨカッタ、お通じはないけど腸が動けばダイジョウブ!

そして、13時半の理学療法では座位を5分取ることが・・・!(驚)
お腹の調子が良くなったからでしょうか?
お昼からは、シッカリと目を開け、反応も良好に!

熱は、37.3度まで上がったものの、ヒヤヒヤから脱出かな?
一喜一憂ではなく、一憂一喜(*,,^-^)ノノ
[PR]

by poco-a-poco-music | 2006-08-23 20:54 | 良寛(りょうかん)さん?!

予定通りには・・・   

eデイサロンの音楽療法へ出かける前に、良寛さんの病室へ。
土曜と日曜は、目も開き、表情も出ていたのに、昨日はハーハーと呼吸が。
熱も再び、38度台へ上がった昨日。

心配していた熱は、今朝36度台にダウンしていました(ホッ!)
ゼロゼロゴロゴロと聞こえていた痰の絡まる音も聞こえません。
顔色も落ち着き、ヨカッタ~~

そして、私は音楽療法の仕事へ>>>>
eデイサロンまでは、車で35分余り。
1時間余りのセッション。
皆さんのパワーをプレゼントしてもらい、元気復活!
(実は、フラフラ状態のpocoだったのです)

病院に舞い戻って、オカアチャンとバトンタッチ!

良寛さんは、相変わらずグーグー夢の中。
この調子で、熱が出ませんように・・・・(祈)

そして、午後三時。
頭を洗いましょうか?と、S看護師さんが。
でも、ザンネン!
バイタルチェックをしてみると、37.9度の熱が・・・(涙)

出ないと思っていたのに、ア~~~ア!
この熱が治まれば、大前進なのに>>>>

夕方、F先生とお話することが出来ました!
白血球は上がっていない。
肺炎の数値も異常なし。

エ~ッ、ではこの熱は何なのでしょう??
もしかしたら、点滴の管からの熱?
便秘からの熱?
いろいろな可能性を、明日から検討するとのこと。
[PR]

by poco-a-poco-music | 2006-08-22 23:42 | 良寛(りょうかん)さん?!

肩の力を抜いて・・・   

誤嚥性肺炎を繰り返している良寛さん。

もしかして、もしかしたら・・・と、気持ちが揺れ動く主たる介護者のオカアチャン。
ちょっと気分転換をしてもらわないと、みんなが共倒れしてしまいます。

そうだ!今、開催中の横山大観展を楽しんできてもらいましょう。
poco用に購入済みチケットをプレゼントすることに♪
でも、5月の騒ぎのようなことは、二度とゴメンです。
夏休みで帰省中の孫のyosi君に付き添いをお願いし、美術館へ>>>

大正解でした~

大好きな絵を堪能してきたお陰で、気持ちがス~ッと楽になったオカアチャン。
悲観的なことばも、どこかに消えてしまいました。(ホッ!)

今夜は、NHK教育テレビのバレー特集を堪能するとメールも~~

そうそう、その調子!
肩の力を抜いていきましょう!
大きく深呼吸をして、ゆったりと流れに任せていけば道が拓けるよね・・・・
[PR]

by poco-a-poco-music | 2006-08-20 23:38 | 良寛(りょうかん)さん?!

この調子で・・・   

b0003651_22383895.jpg久しぶりに目線が・・・
手をシッカリ握った良寛さん。
「みんな元気か?帰って来てくれてありがとう!」
「オカアチャンやtokoさんが良くしてくれているよ!」
と、末息子へ目でオシャベリしているのでしょうか?


「中心静脈栄養法」の治療が始まって3日目。
顔色も良くなったように感じます。
上がったり下がったりの熱は相変わらずですが、
目を開けていることも多くなりました。
丸3週間ぶりに、リハビリで座位を5分間も取ることが出来ました~

この調子で、行けば・・・(祈)
[PR]

by poco-a-poco-music | 2006-08-19 23:30 | 良寛(りょうかん)さん?!

2週間後を楽しみにして・・・   

良寛さん、また歌を歌おうよ。
いっぱい、オシャベリしようよ。
2週間頑張ったら、口から食べさせてもらおうネ。
モグモグパクパクと、こんなに口を動かしているのだから・・・

MRIと、レントゲンの結果が出ました。

主治医のF先生より、お話が・・・
肺炎を起こしているとの事。
2週間、「中心静脈栄養法」の治療をしていくが、
心臓と肺の機能に、黄色信号が出ているとの事。

悲観的にならず、これからの2週間を過ごしていかねば・・・・
[PR]

by poco-a-poco-music | 2006-08-17 23:36 | 良寛(りょうかん)さん?!