<   2006年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧   

半年ぶりにお会いしたら・・(嬉)   

朝、パッチリと両目を開いていた良寛さん。
表情も落ち着き、ヒヤヒヤドキドキの時期は脱したかな?

と、安心していたらお昼過ぎから微熱が・・・
アチャ~、魔の土曜日曜に突入?

氷枕で早めの熱対策をお願いして大正解でした~
夕方は、平熱に戻りホッと一安心を・・・

今年3月の入院時、同じお部屋だったMさんと久しぶりにお会いしました~
その頃、Mさんは日赤とN病院を行ったり来たりの入院生活を。
車椅子には座れるものの、歩くことも立つことも・・・
そして、話すことも理解することも・・・

お薬の副作用でボ~ッとしていらっしゃる事も多かったようにも・・・
でも点滴を外したり、夜中大騒ぎしたり、看護師泣かせだったことも・・
バスを乗り継いで毎日毎日看病をしていらっしゃる奥様からは、笑いが消えていました。
いろいろなことがド~ッと押し寄せて、お先真っ暗とお話くださったことも・・

それから、6ヶ月経過を>>>>

Mさんは、見事に復活していらっしゃいました~
2本の足でシッカリと歩けるまで、お元気になっていらっしゃいました~
言葉も、何を話しているか聞き取れるまで復活されていました~

3月ごろの記憶は消えているけど、pocoのことは覚えていてくださいました~

pocoの顔をみると、満面の笑みでイロイロなお話をしてくださいました~
出来たことを夢見てガンバって来られ、夢が本物に!
出来ないことではなく、出来ることに注目したら摩訶不思議な力が!

3月、音楽のこと・夢を描くこと等オシャベリしたことを実践してくださった奥様。
この半年、泣きたい事も山ほどあったと思います。
でも、明るく明るく前向きに考えることで、道が拓けたMさんご夫婦♪

ありがとう!
感謝します!
私は、元気です!

心の中で念じながら、リハビリをガンバっているMさん。
握手した手には、力が溢れていました!

Mさん、ありがとうございました~
パワーをプレゼントしてもらって、良寛さんも元気になりま~す!
[PR]

by poco-a-poco-music | 2006-09-30 22:04 | 夢・願い・想い

83歳、誕生日おめでとう♪   

おめでとう~~~~~

今日で、良寛さんは83歳♪
誕生祝は、みんなからの「愛」を・・・

それと、約2ヶ月ぶりの入浴も・・・

お風呂に入れて気持ちよかったのでしょうネ。
さっぱりとして、元気復活したかな?(笑)

今日から、療養棟に移動し、気分一新です^^
[PR]

by poco-a-poco-music | 2006-09-28 21:28 | 良寛(りょうかん)さん?!

パワーをプレゼントしていただきました~   

母からメールが。
tokoさんが今夜お父さんのところにいた時、
老健のNさんが見舞いにきてくれて、
歌を歌ってくれたそうです。

有難いですね~
感謝の想いでイッパイです!
2004年10月末、誤嚥性肺炎で入院したときもNさんが・・・
それから、今日まで良寛さんは4回入院したでしょうか?
その度に、「良寛さ~ん・・・」とお見舞いしてくださるNさん。

デイケアに通い始めたころからのお付き合いだから、何年になるかな?
帽子帽子と、帽子を離さなかった良寛さん。
「ここの~山の~」と、刈り干し切り歌が得意だった良寛さん。
「成せば成る~成さねば成らぬ何事も・・・」が口癖だった良寛さん。
口をパクパク開けて、美味しそうにソフトクリームを食べた良寛さん。

懐かしいデイケアの風景です^^

Nさんから歌を歌ってもらった良寛さん、どんな顔をしたのでしょう・・・
いろいろなことが、頭の中に浮かんできたかもしれません。
言葉にはならないけど、ありがとう~と目でお話をしたかもしれません。

Nさん、ありがとうございます!
Nさんパワーを貰って、明日からは療養病棟に移動を・・・

これからは、今の病棟と療養病棟の行ったり来たりとなるでしょうが、
幸せな気持ちで日々過ごせることに感謝です♪
[PR]

by poco-a-poco-music | 2006-09-27 22:40 | 良寛(りょうかん)さん?!

もうすぐ誕生日♪   

今週金曜から療養病棟へ移動すると、婦長さんよりお話が・・・

7月末の発症から2ヶ月経過した良寛さん。
あの世への切符を渡されたのかとヒヤヒヤドキドキの8月も無事クリア!

ヒヤッとする場面はあったものの小康状態が多かった9月は、良寛さんの誕生月♪
83歳の誕生日は28日。
誕生日おめでとう~!と、声をかけられたら、良寛さん返事をしてくれるかな?(笑)

さて、良寛さんの介護風景を今日は・・・

我が家の場合、母・弟嫁tokoさん・私の3人が主たる介護者。
土曜日曜は、それぞれの家族がお見舞いに来てくれます。
病院は近いし、メチャクチャ恵まれた環境に感謝&感謝!

ノートを1冊置いてますが、これはオススメですね~
書くことは記録にもなるけど、介護疲れ解消にも効果ありかな^^


ygraciaさんも、実行されているマッサージ。
手から<気>が伝わっていくのは、ホントだなと最近感じてます。
poco流は、あんまり揉まないで、ソ~ッとソ~ッと触れ合うこと。
素人が、強く揉んだら筋を痛めることもあるので、手を当てるだけでもOK!
「良寛さ~ん、大好きよ♪
みんなが、良寛さんのことを大好きだって・・
お祖父ちゃんのことを皆、尊敬しているよ!」
心からの褒め言葉をイッパイ声かけすると、効果倍増で~す!
だって、誰でも褒められたら嬉しいし、気持ちイイですよね(笑)

つめ揉み健康法、これも効果アリかな?
刺激が少しでもと、つめ揉みを楽しんでます。

それから、良寛さん自身の手で顔や頭に刺激を与えていま~す。
最初は、なかなか動かなかったのに回を重ねるごとに、動くようになってきました。
自分で自分の感覚をつかむことが出来るって、摩訶不思議な力を生むのですね~
きょうは、良寛さんの右手と左手をトントントンと合わせてみました。
麻痺した方は、なかなか動かないけど、トントントンと叩けたときニコッと笑顔が・・・!


何でも言えることでしょうが、ダメで元々と思って取り組んでくださいね。
それと、決して焦らないこと!
気長に待ってあげることもコツでしょうか?

どういう状態であっても、みなさん愛を求めているなと・・・
悲観的とならないで、笑顔で接することが大きな力と生むことも・・・
[PR]

by poco-a-poco-music | 2006-09-26 23:33 | 良寛(りょうかん)さん?!

自分の手を・・・   

「おはよう!元気?」
と、声かけても返事は・・・
もう、声は出ないだろうなと正直諦めてました。

でも、言葉が出るようになった良寛さん。
一日、一語だけだけど嬉しい反応ですね。

今日は、<あいうえお>と問いかけたら
「か・き・く・け・こ」と、返事が!

もしかしたら、リハビリの効果かもしれません。
STのHさんから、耳の前や口の周りだけでなく
首や肩のマッサージ方法を習ったお陰でしょうか?

今までは、人からしてもらうばかりだったけど、
良寛さん自身の手で、顔を触ってもらいましょう!
良寛さんの右手をpocoが持ち、頭の上へ>>>
「これは、あ・た・ま」
良寛さんの手で頭をポンポンポンと・・
次は、目。
次は、口。
と、同じようにpocoが良寛さんの手をもち移動を。

そして、今度は麻痺した左手を。
あれ?
無反応だった手に反応が戻ってきました~!
ほんの少しだけど、手応えが・・・

「これは、喉。これは、首・・」
触れるようになったら、何か効果が生まれるかな?
刺激することで、プラス方向に進んでいったら。。。。
いろんなリハビリを思いつきながら、楽しんでま~す!
[PR]

by poco-a-poco-music | 2006-09-24 23:28 | 良寛(りょうかん)さん?!

気持ちいい・・・!   

良寛さんって、幸せだな~と感謝です。

たくさんの方が、温かい目で見守って下さってるお陰で
良かったり悪かったりの波はあるものの、プラス方向へ>>>

午前中、足を洗ってもらった時、
「気持ちいい・・!」
と、ハッキリ話すことが出来た良寛さん。

たった1度だけの言葉だったけど・・・・
看護師さんがニコニコ笑顔で報告を!

ありがとうございます!
皆さんのお陰です!

ところで、下記のお話知っていらっしゃいますか?
そうだよね~と、元気をプレゼントしてもらいました!

<五日市剛(いつかいちつよし 工学博士)さんのエッセーより>

 運が強い人とは、他の人といったい何が違うのでしょうか?それって、先天的なもの?後天的なもの?努力すれば得られるもの?

 いつの頃か、僕は人の運について真剣に考えるようになりました。なぜかというと、自分はものすごく幸運に恵まれているからです。「どうしてオレってこんなに運がいいんだろう!」と毎日十回以上叫んでしまうくらい、ツキのある日常を送っています。
  
 実はあることがきっかけで、僕の運勢は大きく変わりました。これから、そのちょっぴり不思議な話を紹介させていただきます。ちょっと御伽話みたいな話ですけど、本当にあった話なのです。


 今から十三年ほど前、僕がまだ大学院の学生だった頃のことですが、一ヶ月間イスラエルを貧乏旅行しました。「中東の取材」が名目でしたが、実はそれまでやっていた研究に行き詰まり、人間関係にもひどく悩み、さらに気性の荒い自分の性格も好きになれず、現実から逃避したい気持ちがあっての一人旅でした。

 ある寒い日の夕方、ハイファという港町にバスで着き、さっそく宿探しを始めました。が、なぜかどこのホテルも休業中。「そんなバカな」と焦って探しても、開いている宿は一向に見つかりません。どんどん夜が深まり、寒さも一段と厳しくなってきました。その日は数十年に一度の大寒波がイスラエルを襲った、とんでもなく寒い日でした。もし、野宿したら死んでしまいます。

 「オレの人生ってここまでかな」 ・・・そうつぶやきながら、肩をガクッと落とし、トボトボと通りを歩いていると、一人のユダヤ人のおばあさんが話しかけてきました。

 「どうしたんですか?顔色が悪いですよ」

 そのおばあさんはニコニコしていて、まるで魔女のような風貌。でも結局、そのおばあさんの家へ泊めてもらうことになりました。おばあさんの家に着くと、まず、おいしい夕食をごちそうになりました。その後、おばあさんは電気を消してロウソクを灯し、いろんな興味深い話をしてくれました。

 その中で、

 「運命というのはね、本当にあるのよ。それに、ツキというのは、実は簡単に手に入るものなのよ」

 と言ったものですから、「えっ、本当ですか? どうしたら得られるんですか?」と尋ねました。

 「あのね、ツキを呼び込む魔法の言葉が二つあってね。一つは『ありがとう』、もう一つは『感謝します』。普段何気なく使っている言葉だけど、使い分けるといいわ。・・・そうね、どんな些細なことでもいいから、いやなことがあったら「ありがとう」。逆に、良いことがあったら「感謝します」何度も繰り返し繰り返し言うのよ。そしたら、絶対にツイてくるわ。本当よ」

 また、おばあさんは次のようなことも言いました。

 「絶対に人の悪口を言ってはダメ。言えば言うほど、あなたからツキはなくなっていくわ。人の口から発せられる言葉はね、魂を持っているものなの。だからネガティブな言葉を言ってはダメ。「てめえ!」「クソったれ!」「死んじまえ!」などと汚い言葉を平気で使っている人はね、そういう人生を歩むのよ。だから、きれいな言葉を使いなさい」
 

 おばあさんのお話に、僕はとても感激しました。僕の唯一の取り柄は素直なこと。だから、この日以来、おばあさんから言われたことをひたすら日々実践しています。結果は言うまでもありません。思いっきりツキまくりです。

 「オレってどうしてこんなに運が良いのだろう」の毎日となりました。

 ある日、「ありがとう」を何気なく漢字で書いてみました。そうしたら、ナント「有り難う」そうか、やっぱり難が有る時に「ありがとう」か!と、一人で感動してしまいました。 

 PHP研究所副社長の江口克彦さんは、松下幸之助の『出来事の肯定的解釈』を通して、「運の強さとは、まず自分にふりかかるすべてを「自分は運が強い」と捉えることによって、その人の身につくものではないか」と言っています。 

 また、日本一のお金持ちである、銀座日本漢方研究所創設者の斉藤一人さんも「ツイてる」と言っていればツイてくる。逆に「ツイてない」と言っちゃうとツキが逃げてしまう。実に簡単な法則です」と言っています。 

 「ありがとう」「感謝します」に加えて「ツイてる」「運が良い」も僕は意識して繰り返し言うようになりましたね。誰に対して言うのか? 喜んで聞いてくれる自分に対してです。そしたらね、すぐに言うクセがつきました。クセがついたらこっちのものです。

 今の会社で研究部門の課長になったとき、気になる部下が一人いました。僕よりひと回り年上の係長さん(Aさん)です。優柔不断で自信もなくて、何やってもうまくいかない人でした。

 みんなからもバカにされていましたが、人間的にはとても良い人で僕は好きでした。そこで、僕のもとに配属になってもらい、彼にちょっとした提案をしてみました。

 「ねえ、Aさん、ご自分は運の良い人生を歩んできたと思います?」

 「え?・・・そ~うですね。どう考えても、運が良いなんて思えませんね」

 「そうか。ひとつお願いがあるんだけどね、毎朝ロッカールームで会うでしょ。そのとき、「ツイてる?」って聞くから、「ツイてます」って応えてくれないかな。帰りも同じく」
「はぁ? どうしてそんなこと言わなきゃいけないんですか?」 

・・・Aさんはそう言うものの、上司のお願いだから「しょうがないな」という感じで、一応了解してくれました。

 翌日の朝、「Aさん、おはよう。どう、ツイてる?」
 
 「え?あっ、はい、はい。ツイてますよ」と、少しイヤイヤながらという状態でした。でもね、毎日毎日やっているとAさんも慣れてきて、「は~い、ツイてますよ~」と楽しく言えるようになったんですね。さらに、「今朝、妻がつくってくれた朝ごはん、おいしかったな~」「今日、業者さん、頼みもしないのに、気の利いた物を持ってきてくれてね」というような感じで、ツイてたことの理由付けができるようになってきました。

 そうしたら、彼の身の回りに起こる出来事がどんどん変わってきたのです。彼が開発担当していた研磨剤で、誰も到達したことのない品質のものができてしまったんです。それで磨くとものすごくピカピカで、傷が一切ない。

 なんと、世界一の素晴らしいデータが出てしまったんです。会社側も多額の投資を行うことを決定し、彼には優秀な部下が二人も付きました。その後のことは言うまでもなく、ますますうまくいきましてね。大口のユーザーからは認定が下り、海外に対して輸出体制も整いました。世界中に供給すればシェア百%です。特許は国内外に出願しました。すべて彼のアイデアと努力の賜物です。明らかに、一年前の彼とは全然違います。僕が何かをしてあげたとしたら、「ツイてる?」って聞き続けたことくらいなもんです。もちろん、僕は彼に「ツイてる?」なんて、もう聞いていません。彼は、いつ、どこでも、「ツイてる、ツイてる、ツイてる・・・」が口グセとなり、笑顔が多くなりました。

 皆さん、どんな状況に面しても「ありがとう」「感謝します」を連発しましょう。ツキは少しずつですが、必ずツイてきます。些細なことでもツイたら、「ツイてる!」を連発しちゃいましょう。これで人生、マンモス・ハッピーです。」   

また、『感謝します』という言葉についておばあさんは「何か良いことがあった
ら『感謝します』と言ってみてはどうかな。例えば明日、晴れて欲しいなあと
思って実際に晴れたら『感謝します』。未来のことでも『明日晴れました! 晴
れさせていただき感謝します』とか、『一週間後○○に合格させて頂き、感謝しま
す』とイメージしながら、何の疑いも不安もなく、力まずに自然とそう思えれば
本当にそうなっちゃうのよ」とおっしゃったそうです。
[PR]

by poco-a-poco-music | 2006-09-22 23:14 | 良寛(りょうかん)さん?!

やまの~~~~♪   

今朝も血圧が、ガ~ンと下がってしまった良寛さん。
熱は下がったものの、上が78の血圧。

頭は低く、足を高くして、今日も血圧対策を・・・

手のひらをこすり合わせて、良寛さんに「気」を送りましょう!
   ('c_,'`)
頭・顔・首・胸・手・足に、そ~っと、温めた手を置くだけ。
チョコチョコ家と病院を行ったり来たりしながら、「元気にな~れ!」
(病院が近いって、有難いですネ。。。)

お陰様で、夕方は血圧も正常値に!
   (o´∀`o)

そして、奇跡が起きました~~~~
歌ったのです♪
たった一言だけど、ハッキリと昔の声で♪

ここの~
と、耳元で歌ったら
やまの~
と、良寛さんが歌ったのです!

看護師のHさんも、お隣のベッドのTさんの奥様もビックリ仰天!
エ~、声が出た~~
スゴイ~、もう一度歌ってくださ~い♪

大感激でした。
嬉しくて、飛び上がってしまいました。

みんなが喜んでいるのが、伝わったのでしょうね。
アンコールに応えて、もう一度声を出してくれたのです♪

ここの~~~

やまの~

言葉を失ってから1ヶ月半。
こんなにハッキリした声が聞けるなんて・・・

感謝感謝のドラマでした!
[PR]

by poco-a-poco-music | 2006-09-20 22:44 | 良寛(りょうかん)さん?!

温かい手を・・・   

血圧が下がり、微熱がある良寛さん。
足を高くし、頭には氷枕が・・・

ヒューヒューと聞こえているのは、肺からの音 (´д`)ハァ~

頭は上げられないし、どうしましょう?

オカアチャンの必殺技を試してみましょうか?

pocoの手のひらをこすり合わせます。
手のひらが温まったら、良寛さんの胸にそ~っとpocoの手を。
そして、また手のひらをこすり合わせて、今度は頭に。
次は、両耳を。その次は、手を。。。。。。

ムズカシイ事は、抜きにしたハンドパワー。
元気の気をキャッチした良寛さん。
呼吸が楽になったような・・・

「気」
「手当て」
昔から言われている摩訶不思議な力。
自己流でも、祈りを込めてチャレンジする価値ありかも・・・
[PR]

by poco-a-poco-music | 2006-09-19 23:15 | 良寛(りょうかん)さん?!

魔の土曜日・・   

またまた、今週も熱が出てしまいました~

フ~~~~

一喜一憂、これの繰り返しなのでしょうネ。


本能的に休日って判るのかな?(笑)
[PR]

by poco-a-poco-music | 2006-09-16 22:58 | 良寛(りょうかん)さん?!

ゴックン!もぐもぐ(・~・)   

ゴックンと飲み込む練習が始まりました~

昨日は、口に入ったチューブを舌でペッペッと押し出した良寛さん。

「さあ、今日はどうかな?」
言語療法士のHさんの手には、ブルーベリージャムが・・
「良寛さ~ん、美味しいものを持ってきたよ~」

先ずは、チューブだけを口の中に>>>
「オッ、入ったヨ。上手上手!」
と、褒めたのに口の端っこからチューブが!
( ̄ー ̄*)

「じゃあ、今度はどうかな?」
と、Hさん必殺技の登場で~す。
ブルーベリージャムをちょっとチューブの先につけ、口の中へ。

美味しい~~~~~
久しぶりに食べさせてもらった~~~~~
ゴックン!もぐもぐ(・~・)

チューブはスルスルと、良寛さんの食道の中へ!

薬も直接、胃の中へ入れてもらうことも出来て、Hさんの作戦勝ち
(*´∀`)

ゴックン!もぐもぐ(・~・)
チューブ飲み込みリハビリ順調に行けば、次のステップに。

☆☆☆(o^□^o)☆☆☆
[PR]

by poco-a-poco-music | 2006-09-15 22:22 | 良寛(りょうかん)さん?!